スタイリスト聞き込み調査 「ブラウン・ベージュだからできること」18選

GISELe

ブラウンとベージュを、今新たな気持ちでそろえるとしたら。吟味を重ねた価値あるものと、そこから広がる多くの組み合わせ。確かなこの2色と再び向き合うことで見えてくる、さまざまな可能性を追求。
※コーディネートは過去のGISELeに掲載されたものです。

すべてのスタイリングを画像一覧でチェック

RE-USE
「ブラウン・ベージュだからできる」まとめ
まだまだあるこの2色ならではの魅力を、過去のスタイリングからピックアップ。担当スタイリストにそれぞれのポイントや先を見据えた活用術を聞き込み調査。


「柄どうしを合わせたいとき」
組み合わせが一辺倒になりがちな柄。茶色をはじめとした定番色かつ小粒の柄なら、思っているほど主張が強くないので、上下でとり入れてもなじみやすいです。(渡邉恵子さん)


「ベージュだからリップが映える」
ちょっとメイクで冒険したいときも、トップスが上品なベージュだと大人な仕上がりに。ぼやけがちな色もリップなどの強い色が入ることで締まって見えます。(岩田槙子さん)


「気分転換にメンズサイズ」
濃いブラウン=キレイな印象が強いので、サイズでハズすと雰囲気が変わって定番のパンツもしゃれた印象に。色にきちんと感があるから、全身ゆるくまとめても◎。(樋口かほりさん)


「甘さをほどよくおさえてくれる」
ボリュームや気恥ずかしさを無理なく落ち着かせてくれる、やわらかなブラウンのスエード素材。今季はジャケットやスカートなど、バリエも多いので要チェック。(石関靖子さん)


「ニットパンツでもまじめぶれる」
お出かけ着としてニットをはきたいとき。重厚なブラウンならちゃんとして見えるからいい。太すぎず細すぎないすそ&縦感が出るリブだとスタイルもよく見えます。(樋口さん)


「総柄=ウールのブラウンが簡単」
やさしい色みにウールならではのソフトな風合いが相まって、ボリュームのある柄スカートも難しく見えない。合わせには黒を選ぶと、ほっこり感も難なく解消。(石関さん)


「季節をつなぐ茶色のビーサン」
まだ暑い日が続くけれど、秋服も気になるどっちつかずな時季にちょうどいい、渋い色のヌーディな足元。ボトムと色をそろえると異なる季節感もうまくまとまります。(樋口さん)


「まだまだ白シャツを着たいなら」
タートルをのぞかせるだけで、さわやかな白シャツも秋っぽく。肌なじみのいい茶系だと定番の黒よりコントラストがつきすぎず、白シャツ自体もやさしい印象に。(樋口さん)


「デニム=茶系が新鮮」
落ち着いた色みに変えるだけで、カジュアルなイメージが強いデニムが上品で今年らしく。インディゴ同様、合わせやすい色なので、手持ちの服ともすんなりなじむはず。(岩田さん)


「重ねることで軽さを出せる」
淡いベージュのカーディガンを巻くことで、アウターによる重たさを軽減。首元にVラインもできるため、ストールを使うよりもすっきりとした見た目に仕上がります。(石関さん)


「タイツの前にブラウンソックス」
素肌だと夏っぽいけど、タイツはまだ早い。そんなときにいい茶系のソックス。白やカラーパンプスとも意外と好相性。甲の部分までリブがあるとよりシャープに見える。(樋口さん)


「モードな形こそソフトな色で」
サイドスリットなど、今シーズンも引き続き多いデザイン性の高いアイテム。黒よりもマイルドに仕上がるブラウンなら、カジュアル好きの人でも着やすい辛さ加減に。(樋口さん)


「ブラウンで広がる質感の振り幅」
ニットやウッドなど、いろんな素材をMIXさせてもごちゃつかないのもブラウンの長所。くすんだゴールドも仲間としてとらえれば、組み合わせがさらに楽しく。(樋口さん)


「黒を和らげる少量の茶色」
今季のコレクションでも目にした、黒にブラウンのさし色づかい。ニュアンスが出るので黒も強く見えず、しゃれ感が出せます。服で小さくとり入れるのもオススメ。(渡邉さん)


「スポーティを大人っぽく解釈」
ともするとボーイッシュに転びがちな、ブルゾンやルーズなパンツ。落ち着いた茶系を選ぶと大人っぽく変われる。女らしいアイテムとも合わせやすくなります。(高木千智さん)


「細身の形がやさしく変わる」
緊張感のあるタイトな形がどこかエフォートレスに仕上がるブラウン。華やかなブラウスでキレイにまとめたとしてもドレッシーになりすぎず、ほどよいきちんと感に。(岩田さん)


「コートがわりの重めストール」
ひっかけるだけで雰囲気が出せる、色も素材もあたたかな大判ストール。コートだともたつきがちなニットやワンピ、さらにワントーンに変化をつけたいときにも重宝。(樋口さん)


「リュクスなファーが親しみやすく」
デニムのようなカジュアルな服でも簡単に特別感が出せる、ボリューミィなファーコート。黒や白だとやや気張って見えますが、なじみのあるブラウンだと簡単。(出口奈津子さん)

- INTERVIEW for GISELe STYLIST ! -
Yasuko Ishizeki
Keiko Watanabe
Kaori Higuchi
Makiko Iwata
Chisato Takagi
Natsuko Deguchi

当記事はGISELeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ