『この恋あたためますか』第5話のあらすじは? 仲野太賀の告白にキュン、中村倫也の大人デートにギュン♡

#ドラマに恋して

※画像は『この恋あたためますか』公式Instagram(@koiata_tbs)より

 

森七菜さん主演、中村倫也さん出演で話題のドラマ『この恋あたためますか』(TBS系、毎週火曜よる10時)。その第5話が11月17日に放送されました。

 

『この恋あたためますか』ってどんなドラマ? 

神森万里江さん、青塚美穂さんのオリジナル脚本となるラブコメディー『この恋あたためますか』。

 

主人公は元アイドル、今はコンビニ「ココエブリィ」でバイトをしている井上樹木(森七菜さん)。楽しみと言えばコンビニスイーツを食べて、その感想を「キキかじり」のアカウントでSNSにアップすること。

そんな樹木と偶然出会ったのが「ココエブリィ」の代表取締役社長の浅羽拓実(中村倫也さん)。実はココエブリィはコンビニ業界最下位で、浅羽はその経営立て直しのためにEコマースを運営する会社から出向してきたのでした。

浅羽が経営を立て直すために打ち出した案がスイーツのリニューアル。そして、その案を成功させるために浅羽が目をつけたのが「キキかじり」だったのです。

コンビニスイーツの開発を通して2人の関係はどのように変化していくのか……。

共演キャストも豪華!「ココエブリィ」商品部スイーツ課に所属する北川里保役に石橋静河さん、樹木と一緒にスイーツ開発を行う新谷誠役に仲野太賀さんのほか、山本耕史さん、市川実日子さん、飯塚悟志さん(東京03)といったラインナップになっています。

前回のラスト、突然新谷にキスをされた樹木。さすがに動揺は激しく……そんな『この恋あたためますか』の第5話はどうなったのでしょうか? あらすじなどをご紹介します。(ネタバレ注意)

 

 

ネタバレ注意!第5話のあらすじは?

新谷誠(仲野太賀さん)から突然キスをされて「彼女がいるはずなのに」と困惑する井上樹木(森七菜さん)。しかし、新谷が謝罪とともに彼女がいないことを告白してきたため、この一件を許すことにする。その一方で樹木に気持ちを伝えたい新谷だったが、途中で邪魔が入り空振り。

 

そんな中、社長の浅羽拓実(中村倫也さん)と樹木は、新生ココエブリィの代表として経済誌とテレビの取材を受けることになる。インタビューを受ける中で改めて「社長と社員」の壁を実感する樹木。恋心がうずきつつも「社長と社員という関係さえあればいい」とその気持ちを抑える。そして次の日からスイーツ作りに専念するのだった。

 

週末、新谷はスイーツのリサーチとして樹木を遊園地に呼び出す。そして「せっかくだから」とそのままデートを楽しみ、この日ようやく樹木に告白するのだった。一方、浅羽と北川里保(石橋静河さん)も浅草デートを楽しんでいた。そして2人はそのままよりを戻してしまう。

 

翌日、浅羽と北川が付き合い始めたことを知った樹木は、傷心のまま退社しようとする。そこへ1件の着信が入り……。

 

浅羽に呼び出された樹木は会社へと戻り、取材原稿の校正を行うことになる。そこで樹木は、”子供の頃は甘いものが好きだった”という浅羽に「なぜ甘いものが嫌いになったの?」と尋ねる。浅羽は「食べ過ぎたから」と答えるが、樹木は「それは違う」と疑う。そんな鋭い樹木に浅羽は、子供の頃にクリスマスケーキを新谷に作ってもらい家族に食べてもらおうと持ち帰ったが、夫婦喧嘩により壊されてしまった過去を告白する。そうやってスイーツを見るたびに孤独を感じていた浅羽に、樹木は「社長が作りたいコンビニを私も作りたい」と側にいることを誓うのだった。

 

翌日、エクサゾンの営業本部長の都築誠一郎(利重剛さん)を呼び出した浅羽は「エクサゾンにココエブリィを売却する話は白紙にする」と告げる。だが時は遅く、専務の神子亮(山本耕史さん)の暴露により『背信行為』で社長を解任されてしまう。

 

樹木は浅羽を追いかけると、ようやく完成した約束の「リンゴプリン」を渡そうとする。しかし浅羽は「もういいよ。それは」と受け取らない。このままでは「社長と社員」という関係すら絶たれてしまうと思った樹木は、すがる思いで「好きなの」と叫ぶ。しかし、浅羽は車を止めることなく走り去ってしまうのだった。

 

2組のカップル、らしさが出るデート

樹木にキスをした新谷はやはり、後悔の念に駆られます。おまけに樹木は新谷に彼女がいると思っていたんですね……そりゃあ余計に悩みますし、その行動に理解ができないはず。

しかし、北川に背中を押され、新谷は樹木をデートに誘うことに成功します(リサーチ、と称していますが……)。

一緒にスイーツを食べて、乗り物に乗って、水族館へ行く。とっても楽しそうな2人の様子は思わず見ているほうもほのぼのとしています。森七菜さんと仲野太賀さんは共演の機会も多いので、より自然な雰囲気が出ているのかもしれませんね。

そして、新谷、ついに告白……!

「樹木ちゃんといると毎日がこんなに楽しいんだな、って」
「会えてよかった」
「だから樹木ちゃんの特別になりたい」

こんな告白されたら、幸せになれそうな気がしてしまいます。返事は保留にしたものの、樹木が「嬉しい」と感じたのは間違いないでしょう。

 

一方、浅羽と北川も浅草デートへ。樹木たちと比べると、テンションも落ち着いていて”大人のデート”という感じですね。お参りしたり、もんじゃ焼きを食べたり。社長ではない浅羽の笑顔……プライスレス……。

こちらは無事にヨリを戻すことに。

「今度はめっちゃワガママ言うね」と微笑む北川に、浅羽は「めっちゃ?」と驚きつつも「覚悟しとく」と抱きしめます。は~~~幸せの構図~~!

いやしかし……浅羽と里保が元サヤに収まったということは……?

 

 

つい、樹木には自分のことを話してしまう浅羽

今回は、浅羽がスイーツを嫌う理由が明らかになりました。

「甘いものが人を幸せにするんじゃない。幸せな人間が甘いものを食べてより幸せを感じるだけだ」

浅羽は両親の不和が原因で甘いものが嫌いになっていたのです。唯一の家族の団らんの日であるクリスマスに、自分で用意したケーキ。でもそのケーキは食べてもらえることができず……。

だから、スイーツもクリスマスも嫌いだと語る浅羽。

どうしてスイーツを嫌いになったのか、北川に問われても「昔、食べ過ぎて嫌いになった」と言いますが、樹木には明かしています。たぶん、樹木は引き下がらなかったからなんでしょうが……。

北川としては浅羽が話がらないことはあまり触れないようにしてしまうのは当然のこと。ましてや元サヤに戻ったばかりですし。北川があまりにもいい人なので幸せになってほしい……と願ってしまいます。

 

 

どうなる第6話!?

ココエブリィの社長を退任することとなった浅羽。北川がプロジェクトリーダーを務めていたスイーツの開発も中止となってしまいます。一体それぞれの未来、関係はどう動いていくのか……次回も見逃せません!

 

 

見逃し配信サービスも!

第5話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で11月24日(火)21:59まで無料で配信。さらに『TBS FREE』でも期間限定で無料配信をしていますので、この機会をお見逃しなく。また『Paravi』でも配信(有料)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『TBS FREE』

『Paravi』

 

過去放送分もチェック

『この恋あたためますか』第1話あらすじ

 

『この恋あたためますか』第2話あらすじ

 

『この恋あたためますか』第3話あらすじ

 

『この恋あたためますか』第4話あらすじ

 

※本記事内のTwitterやInstagramは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ