板垣瑞生&松井愛莉、甘すぎる初夜に「キュン死しそう」大反響の『マリハニ』第2話

dwango.jp news


婚活アプリで顔を合わせることなく即日婚した板垣瑞生演じるドS男子・三浦真夏と松井愛莉扮するあざとい系女子・春田あみの“秘め婚”を描いたMBSドラマ特区『社内マリッジハニー』。

衝撃展開で終わった第1話の放送直後から「キュン死しそう」と二人の恋模様は大きな反響があったが、第2話でも、ドS真夏VSあざとあみの攻防に「息ができない」「もうダメ」とクラクラしてしまう視聴者が続出した。



家に届いた郵便物。わざとあみに開けさせるように仕向けた真夏。あみが家に帰り受け取った郵便物の中身は、まさかのコンドーム!あみは積極的に真夏に迫るも「そういうことは春田さんが本当に俺のことを好きになってから言ってくださいね」と交わされてしまったことを思い出す。

キスはしたものの、どんなにあざと攻撃を仕掛けてもスッと交わしてしまう真夏。それなのに家に届いたコンドーム。あみは「分かんないよー。本当に私のこと好きなのかな」と真夏のドSぶりに大混乱。ネット上でも「悩むあみちゃん可愛いww」「あみちゃん、分かる!!!」と困惑するあみに同情する声が。それでも「好きから始まった夫婦じゃないから、ちょっとでもいいところ見せないと」と完ぺきな旦那さまへの攻略法を考えるあみ。しかし相手は一枚も二枚も上。寝たふりをして真夏を観察するあみに近づくと、顔にチュー……をしようとして寸止め。

構えていたあみは驚き目を開けると「バレバレなんですよ。子供でももうちょっとうまくやりますよ」とドS発言。あみは「三浦さんを観察したくて……三浦さんを攻略したいんです。もっと私に夢中になってほしいんです」と素直な胸の内を明かすも、真夏は「攻略って、もう夫婦なんだから」とつれない。

めげずにあみは、真夏のまくった袖をつかむと「私、三浦さんにもっと好きになってもらえるように頑張りますから」と大きな瞳で見つめる。しかしここでも真夏はあみの頬をつねると「本当にあざといですね、春田さんは」と突き放す。

あみは「なにもしなくても人に好きになってもらえるなんて思っていません。私は三浦さんに好きになってほしいからあざとくなるんです」と健気に反論する。そんなあみに「じゃあ、頑張って攻略してね」と優しくキスをする真夏。この二人のやりとりに視聴者からは「きゃー心臓に悪い」「ひゃぁああめっちゃ二人ともカワイイ」「チューされちゃった、死ぬ」とドキドキが止まらない模様。

翌朝「おはようございます、春田さん」とあみを起こしにくる真夏。突然の来訪に絶叫し「すっぴんはダメです。好きな人の前では一番可愛くいたいんです」と乙女心全開のあみ。それでも真夏は「ふーん」と言ってベッドに入り込みキス。あみは「三浦さん、ドS過ぎません?」と困り顔を見せるが「そんなことじゃ俺を攻略できませんよ」と涼しい顔であみを見つめる。

真夏にはあざと攻撃がまったく通用しないあみだが、他の人には威力全開。真夏の取引先である年配女性の心をつかむと、会社の後輩の山形(押田岳)や、同期の堀(宮田龍平)もあみのあざと攻撃でメロメロに。

しかし、それを見ていた真夏は不機嫌顔。あみは「もしかしてヤキモチですか?」と嬉しそうな表情を見せるが、あみの頬をつねった真夏は「喜んでないで、いい加減モテ納めしてください。春田さんはその気がなくても、相手は勘違いするでしょ。春田さんみたいなカワ……」と言いかける。すかさずあみは「カワ……?」と続きを促すが、慌てて違う言葉を続ける真夏。真夏のヤキモチに「怒ってる瑞生カワイイ」「やきもち三浦さんヤバすぎ」「真夏さんの嫉妬顔キャプ」と板垣の可愛さにやられてしまう視聴者が続出していた。

その後、会社で堀がダブルブッキングしてしまったピンチを真夏とあみがタッグを組んで解決するなど息の合ったところを見せると、ついに真夏はあみに「可愛い」「好きな子」と発言。そして第2話目にして二人の距離が急接近し、いよいよ初夜のシーンを迎えるとSNS上には、「本編中息できない!」「30分が秒」「もうキュンすぎ!」「この二人一生ニヤニヤして見ていられる」と早くも“マリハニ”にドハマりする人の書き込みで溢れていた。

次回、第3話ではあみの「あざと攻撃」にやられた男性陣たちが、あみに忍び寄る!?二人の秘め婚からますます目が離せない。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ