Ankerが日米のクラウドファンディングで2.5億円を集めたAndroid TV搭載プロジェクター上位モデル「Nebula Cosmos Max」「Nebula Cosmos」を販売開始

ガジェット通信



アンカー・ジャパンは11月20日、日米のクラウドファンディングで計2.5億円を調達したプロジェクターブランド「Nebula」シリーズのAndroid TV搭載プロジェクター上位モデル「Nebula Cosmos Max」「Nebula Cosmos」の一般販売を開始しました。

いずれもAndroid TV 9.0を搭載し、YouTubeやAmazon Prime Video、Netflix、Hulu、Disney+、ABEMA、DAZNなどのアプリをインストールして利用可能な他、アイ・オー・データの録画テレビチューナーと連携して録画番組やテレビ番組のライブ視聴に対応します。

Anker「Nebula」シリーズのAndroid TV搭載プロジェクターがアイ・オー・データの録画テレビチューナーと連携 録画番組やテレビ番組のライブ視聴が可能に

https://getnews.jp/archives/2788179



Nebula Cosmos Maxは、4K UHDとHDR 10に対応。最大150インチで1500ANSIルーメンの明るい映像を投影できます。Dolby Digital PlusとSound Dimensionによる3Dオーディオに対応。迫力あるサウンドが楽しめます。価格は17万9980円(税込み)。


Nebula Cosmos Max仕様

解像度:3840×2160画素

輝度:1500ANSI ルーメン

投影インチ:最大150インチ

スピーカー:10W×4

サイズ:約350×248×99mm

重さ:約3.6kg

接続:HDMIx2/USB-Ax2/Bluetooth/Chromecast/AirPlay

音響テクノロジー:Dolby Digital Plus/Sound Dimension

パッケージ内容:Nebula Cosmos Max、リモコン(単4形電池×2付属)、クイックスタートガイド、電源アダプタ

注意事項:

– バッテリーは内蔵されていません。

– 本製品を初めて起動する時は、画面の指示に従いファームウェアのアップデートを行った上で、初回セットアップを完了させてください。また、ファームウェアの更新はこまめに行い、常に最新のバージョンを保つようにしてください。

– Googleアシスタントの使用にはリモコンが必要です。

– AirPlayをご利⽤する場合、Nebula Manager内からAirPin(PRO)をダウンロードする必要があります。

– ARC対応のHDMIポートは1つのみです。ARC機能をご使用の際は、接続するHDMIポートがARC対応ポートであることをご確認ください




Nebula Cosmosは、フルHD解像度で最大120インチ、900ANSIルーメンの投影が可能。HDR 10に対応し、サウンドはDolby Digital Plusに対応します。価格は7万9980円(税込み)。


Nebula Cosmos仕様

解像度:1920×1080画素

輝度:900ANSIルーメン

投影インチ:最大120インチ

スピーカー:10W×2

サイズ:約289×198×88mm

重さ:約2.0kg

接続:HDMIx2/USB-Ax2/Bluetooth/Chromecast/AirPlay

音響テクノロジー:Dolby Digital Plus

パッケージ内容:Nebula Cosmos、リモコン(単4形電池×2 付属)、クイックスタートガイド、電源アダプタ

注意事項:

– バッテリーは内蔵されていません。

– 本製品を初めて起動する時は、画面の指示に従いファームウェアのアップデートを行った上で、初回セットアップを完了させてください。また、ファームウェアの更新はこまめに行い、常に最新のバージョンを保つようにしてください。

– Googleアシスタントの使用にはリモコンが必要です。

– AirPlayをご利用する場合、Nebula Manager内から AirPin(PRO)をダウンロードする必要があります。

– ARC対応のHDMIポートは1つのみです。ARC機能をご使用の際は、接続するHDMIポートがARC対応ポートであることをご確認ください


―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ