収納スペースがない部屋におすすめの収納アイデア特集!洋服の片付けはどうしてる?

folk

収納スペースがない部屋の上手な片付け術


狭い賃貸の部屋に住んでいると、充分な収納がないことは多いものです。特に都心の一人暮らしでは、クローゼットや押入れがないことに悩まされて自分で収納を工夫しなければいけないということもよくあります。

新しい棚を購入したり、壁掛け収納を設置したり、洋服類の片付けができるようになると毎日のおしゃれがより楽しくなります。今回は収納スペースがない部屋を工夫して上手に収納するアイデアをご紹介します。

収納スペースがない部屋《ハンガー》

大容量のハンガーラックで収納スペース増


大容量のハンガーラックで収納スペース増

instagram(@reiya_14)

収納がない狭い部屋にハンガーラックをレイアウトすると、手っ取り早く収納スペースを増やせます。

よく使う洋服や鞄が取り出しやすく、選びやすくもなります。見せる収納インテリアにもなるので、見栄えよく色や長さで揃えてきれいに並べるのがポイントです。

キャスターが付いていて移動できるタイプであればレイアウト変更も簡単です。また、白くて細身のハンガーラックなら圧迫感がないので狭い部屋におすすめです。

ラダーハンガーラックで収納スペース増


ラダーハンガーラックで収納スペース増

instagram(@___yoko.rty)

ラダータイプのハンガーラックは、壁面に寄せてレイアウトすることになり省スペースで済む収納インテリアです。

玄関や部屋の入口付近にあるちょっとしたスペースにも置くことができます。

ストールやパンツ等の長いものをそのまま引っ掛けたり、S字フックやハンガーを使って様々な洋服を掛けたり、おしゃれなインテリアとして観葉植物を飾ったり、使い方も豊富です。

ハンガーラックスタンドで収納スペース増


ハンガーラックスタンドで収納スペース増

instagram(@yukaaaaa0515)

スタンドタイプのハンガーラックなら、すっきりとした印象で狭い部屋に収納スペースを増やすことができます。

クローゼットがない部屋では、来客用のコートスタンドがあると重宝します。

ハンガーやS字フックがない場合でも、上着や帽子や鞄等なんでも工夫なしで引っ掛けられるので大変使い勝手がいいです。

横幅を取らず床にものを置かない収納インテリアは、窮屈感がないのでおすすめです。

華奢なハンガーラックで収納スペース増


華奢なハンガーラックで収納スペース増

instagram(@___yoko.rty)

ハンガーラックには数着用のシンプルなタイプもあり、狭い部屋にはピッタリのインテリアです。

収納スペースが全くない狭い部屋で洋服をたくさん持っているというおしゃれさんには物足りないかもしれません。

ただ厳選した洋服の収納スペースを部屋にプラスしたいという人にはおすすめです。

ブラックのラインがかっこいい印象なので部屋にある他のインテリアとも合わせやすく重宝します。

鏡の横にハンガーラック設置で収納スペース増


鏡の横にハンガーラック設置で収納スペース増

instagram(@mayukamu18)

狭い部屋に欠かせないハンガーラックは種類が豊富です。

たくさんの洋服が掛けられるもの、キャスターが付いているもの、スタンドタイプでなんでも引っ掛けられるもの。

ただ、どれもレイアウトする場所の近くに姿見が欲しいという点は共通しています。

部屋の中までコートやストールは必要ないので、玄関の姿見の横にハンガーラックを置いてみましょう。靴を履いた状態で全身コーディネートを工夫できます。

収納スペースがない部屋《ボックス》

センスのいい収納ボックスで収納スペース増


センスのいい収納ボックスで収納スペース増

instagram(@alinu.h.h.k)

洋服の収納と言えば衣装ケースですね。クローゼットや押入れの中ではなく狭い部屋にそのまま置く場合は、見た目も可愛い収納インテリアが役立ちます。

LEGO形の収納ボックスは子ども用のおもちゃ箱になったり、大人用のセンスのいい収納ボックスになったり、大活躍のインテリアです。

中身が見えないのでゴチャゴチャした小物も下着も収納できるので、チェストのように使えます。容量が足りなくなったら買い足しもできます。

バスケットを複数使って収納スペース増


バスケットを複数使って収納スペース増

instagram(@r_jem_k)

収納がない狭い部屋では、居住空間の一部を収納スペースに工夫しなければなりません。

必ず収納部分が目に見えるのでおしゃれなものをレイアウトしたいですね。

かごやバスケットを並べたり重ねたりして収納として使うと便利な上、インテリアとしても見栄えがよくなります。

洗濯物をポンポンと投げ入れたり、ストールや靴下を丸めてしまったりもできます。エコバックとして買い物にも持って出かけられます。

洗面台にも収納ボックスで収納スペース増


洗面台にも収納ボックスで収納スペース増

instagram(@izumi_0129)

収納がない狭い家の水回りもまた収納がないことが多いもの。洗面所に、タオル、下着、寝間着、洗濯物等が収納できる工夫やインテリアがあるとありがたいですね。

特に洗濯物は家の中を持ち運ぶことになるので、取っ手の付いているかごタイプで軽い収納ボックスだと便利です。

洗濯物の色分けや家族ごとの仕分けができ、洗面台の下や洗濯機横の隙間にあるデッドスペースを有効活用できます。

ワゴンタイプの収納ボックスで収納スペース増


ワゴンタイプの収納ボックスで収納スペース増

instagram(@kikilala.003)

収納ボックスがワゴンタイプで移動できるものは、収納力と利便性が高くて狭い部屋にはおすすめです。

キッチン用品や文房具を入れることが多いですが、メイクやネイル道具、アクセサリー等のおしゃれに欠かせないアイテムの収納にも向いています。

サイズによっては机の下や家具の間等にすっぽり収まります。棚をレイアウトしたりインテリアを工夫したりするよりも簡単に収納を増やすことができます。

ラックと収納ボックスで収納スペース増


ラックと収納ボックスで収納スペース増

instagram(@elie.snowdiva)

オープンラックと相性のいい収納ボックス。本棚として購入していたラックも収納ボックスを合わせれば、雑貨や洋服をきれいに収納するできるインテリアになります。

インテリアとして見せられるものはそのままレイアウトしても大丈夫ですが、ごちゃごちゃする小物や洋服は収納ボックスで整理整頓しながらオープンラックにしまいましょう。

収納スペースがない部屋《突っ張り棒》

突っ張り棒を吊るして収納スペース増


突っ張り棒を吊るして収納スペース増

instagram(@r_jem_k)

突っ張り棒は壁や家具の間に突っ張らせて使うものですが、天井から吊るしてハンガーラックとして使用する方法があります。

ブランコのように揺れるので遊び心があってセンスのいい工夫ですよね。

部屋のスペースに合わせて程よいサイズの突っ張り棒を取り付けることになります。

子ども用のハンガーラックにするには、吊るす紐を長くする等生活に合わせた工夫をしてDIYを楽しんでみましょう。

突っ張り棒を縦に使って収納スペース増


突っ張り棒を縦に使って収納スペース増

instagram(@mirionrose)

天井と床の間で突っ張り棒を使うとハンガーラックスタンドのようになります。

木の枝のようにポールを付ければ、たくさんの鞄や帽子や洋服が引っ掛けられるので、収納がない狭い部屋にたくさんレイアウトしたくなります。

しっかり固定されているので揺れに強くて地震が起きても安心です。また、床面を占領することがないので掃除もらくちんです。

突っ張り棒を複数使って収納スペース増


突っ張り棒を複数使って収納スペース増

instagram(@izabel13ok)

突っ張り棒を使って洋服を掛けたら、さらにもう一本突っ張り棒を取り付けて目隠しを作りましょう。立派なクローゼットが出来上がります。

部屋に自分で工夫して即席の収納スペースを作ると、中が丸見えになってしまったり、汚れや臭いが付いてしまったりすることがあります。

ただ、カバーがあると安心です。突っ張り棒は、のれんに使用されることも多く目隠しの布に好きな柄を選んで付け替えても楽しいですね。

目立たない突っ張り棒で収納スペース増


目立たない突っ張り棒で収納スペース増

instagram(@penta_room)

賃貸の狭い部屋では壁や梁の距離が近く突っ張り棒が掛けやすいことが多いです。

収納スペースが足りない狭い部屋や室内に洗濯物を干したい時には、取り外しが簡単な突っ張り棒は大変役に立ちます。

白い壁に白い突っ張り棒を付けても変に目だったり、邪魔になったりしません。

場面によって設置する場所を変更したり、丈夫なものであれば重量のあるものも掛けられたり、収納の工夫がしやすいアイテムです。

ラック内に突っ張り棒で収納スペース増


ラック内に突っ張り棒で収納スペース増

instagram(@yu_mi_ho)

インテリアにも棚にも使えるオープンラックは収納のない部屋によく登場します。オープンラックの中に突っ張り棒を張れば、収納力がさらに高まります。

ワンピースやコート等の長い洋服は掛けにくいですが、シャツやジャケット等たたまずに収納したい洋服や子ども服にはちょうどいいサイズになりそうです。

大切な洋服が保護されるのでクローゼットがない部屋にはおすすめの工夫術です。

収納スペースがない部屋《壁面》

壁面にフックを取り付けて収納スペース増


壁面にフックを取り付けて収納スペース増

instagram(@chihomi_l)

収納がない部屋では壁面を有効活用したいものですね。

外国の家では玄関付近に壁掛けのフックが付いていてコートやバック等をさりげなく掛けられるようになっていてかっこいいイメージがあります。

狭い日本の部屋でもフックを取り付けておしゃれに収納スペースを増やしてみましょう。

帽子やストールはもちろんジーンズも無造作に引っ掛けられます。最近は穴を開けないで取り付けられるものもあるので賃貸部屋にもおすすめです。

有孔ボードを使って収納スペース増


有孔ボードを使って収納スペース増

instagram(@chairsandmiki)

壁掛け収納でもボードを使えば部屋の中で移動がしやすく、立てかけるだけでもいいので壁を傷つけることもありません。

特に有孔ボードは好きな位置にフックやピンをレイアウトして小物を収納できます。

お気に入りの腕時計やアクセサリー類が見せる収納として部屋をおしゃれにしてくれます。

フックにハンガーを掛けられるので小物だけでなく洋服の収納にもなります。

フックやボードを集約して収納スペース増


フックやボードを集約して収納スペース増

instagram(@yu_ki3359)

扉一枚分のスペースを壁掛け収納にしている実例です。

有孔ボードやフックを取り付けるというDIYを扉一つ分のスペースにまとめているのでスッキリとした印象になっています。

部屋の中で収納スペースが散らばっていると探しているものが見つけにくくおしゃれもしずらくなるので、一ヵ所に集約する工夫は理にかなっています。

メッシュパネルを使って収納スペース増


メッシュパネルを使って収納スペース増

instagram(@chihomi_l)

メッシュパネルの壁掛け収納もおしゃれで便利ないいアイデアです。

スニーカーの紐を結んだり、パンプスのヒールを引っ掛けたりする工夫は、なかなか思いつきませんね。

S字フックやハンガーで鞄や洋服の収納にしたり、植物やポストカードで飾ったりもできます。

コンクリート張りの壁にワイヤーを張り巡らせたような男前なメッシュパネルの実例ですが、白い壁に黒いメッシュパネル等もかっこよく決まることは間違いありません。

壁面全体を使って収納スペース増


壁面全体を使って収納スペース増

instagram(@manataro.500)

クローゼットがない狭い部屋で困っているなら自分で作ってしまいましょう。ハンガーポールや棚を壁一面に工夫して取り付けるのは大がかりな作業になります。

狭い部屋がさらに狭くなりますが、上手に収納ができるようになると圧迫感はあまりありません。

お店のように洋服や小物をディスプレイして楽しむと、要らないアイテムは処分しやすくなるので、無駄なスペースのない部屋になります。

収納スペースがない部屋《まとめ》


収納が十分にない狭い部屋に住んでいると、収納を確保しようとインテリアを追加したり工夫したりしますね。すると、クローゼットや押入れではできないおしゃれでかっこいい見せる収納が作れます。

自分でインテリアを工夫しているうちに、部屋の中や収納するものが洗練されていきます。無駄に大きな収納がある部屋より、収納がない部屋の方が空間も有効に使えます。ぜひ自分の部屋に合った収納アイデアを試してみてください。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ