indigo la End、失恋に強がる女心を綴ったバラード「フラれてみたんだよ」の配信開始

OKMusic

indigo la Endが、11月20日(金)に配信シングル「フラれてみたんだよ」をリリースした。

この楽曲はタイトルの通り、男女の別れを歌った楽曲で叙情的でありながら聴き手の想像力を掻き立てる歌詞が胸に染みるバラードに仕上がっている。イントロで奏でられるアコースティックギターの音色で幕を明け、ドラム・ベース・ギターのアンサンブルが展開していく様はさながら物語を体験しているような感覚を覚える。

ジャケット写真はYOSHIROTTENによるアートディレクションのもと、モデルの林田岬優を起用。 フォトグラファーは八木咲が担当をした。

彼らは2020年精力的にデジタルリリースをしており、今冬リリースされるというニューアルバムへの期待が高まるバンドの真骨頂とも言える楽曲となっているので、ぜひともチェックしよう。

■【川谷絵音(Vo&Gu) コメント】

「生々しさを濃くしていくことがindigo la Endのこれからだと思いながら作ったバラードです。血が通った音楽を感じてください」

配信シングル「フラれてみたんだよ」

2020年11月20日(金)配信開始

\n■各配信サイトリンク
https://indigolaend.lnk.to/furaretemitandayo

\n

当記事はOKMusicの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ