神田うの、3週間育てたヒヨコを連れてヘリで農園へ 最後は娘が奏でるバイオリンでお別れ

タレントの神田うの(45)がインスタグラムに公開していた3週間限定の“ひよこ飼育”編が、最終回を迎えた。卵から預かり、孵化器で孵化させたヒヨコのお世話を通し、家族で「命の大切さを学ばせていただいた」と貴重な時間を提供してくれた農園へ感謝の言葉を述べている。

『Uno Kanda unokandaofficial Instagram』に初めてヒヨコが登場したのは10月27日のこと。神田うのと9歳の娘が、孵化器の中で殻を破って出ようとしている雛に「頑張れ~」「あ、顔が出た」と声が入った動画を公開していた。「誕生の瞬間に立ち会えて感無量」だったとコメントしており、ここから娘を中心とした家族でのひよこの飼育が始まったのだ。

11月1日のインスタグラムによると、下田の農園からニワトリの“アローカナ”という品種の卵を預かり、3週間限定でヒヨコの飼育をすることとなった。この1週間だけでも色々なドラマがあったが「娘は約束通りしっかりお世話してすっかりお母さん(笑)」と神田が感心するほど甲斐甲斐しくお世話をしていたそうだ。11月7日には農園の方から「そろそろ餌にミミズを与えてください」と指示があり、神田の夫が釣具屋でミミズを購入。「喜んで美味しそうに食べるよ」と聞いていたのだが、あまり食べてくれなかったようだ。“せっかく怖い(気持ち悪い)のを頑張ってあげたのに”と拍子抜けしたそうである。

一般的にヒヨコといえるのは生後4週間(約1か月)までの“幼雛”までで、“中雛”になると体が何倍も大きく力も強くなる。手作りの飼育用ダンボールハウスにヒーターを設置し、毎日の餌やりと水の取り替え、排泄物や食べカスの掃除と6羽のヒヨコの世話にもだいぶ慣れた頃、お別れの日はやってきた。11月17日のインスタグラムには、ダンボールにヒヨコを入れてヘリコプターに乗り込む神田と娘の姿がある。「いつものパイロットさんにワンちゃんを乗せた事はあるけど、ヒヨコを乗せるのは初めてですと言われました」と明かしており、下田の農園への移動にヘリコプターを選ぶのはさすがセレブだ。

農園では2日間、他のニワトリと過ごしているヒヨコたちの様子を見届け、最後は長女が奏でるバイオリンでお別れとなった。6羽のヒヨコと別れるのが寂しくて涙したようだが、彼女はこの3週間で命を育てることの喜びに気づき、大切にしようとする気持ちを持ったことだろう。

コメント欄には「素敵な経験ですね!! 娘さんにとってかけがえのない思い出ですね」「優しいお嬢さん。水を飲ませてあげる後ろ姿に目頭が熱くなりました」「悲しくて泣いた…なんて娘ちゃんはうの様と同じで美しい心の持ち主なんですね」「バイオリンの生演奏を聴いたことのあるヒヨコちゃんは初めてではないでしょうか! こうの(娘の愛称)ちゃんの優しい気持ち、きっと届いてますよ」とヒヨコを慈しむ神田うのの長女の姿に感動したという声が寄せられている。

画像2、3枚目は『Uno Kanda 2020年11月17日付Instagram「我が家のヒヨコちゃん達を乗せて下田の農園へ行って参りました」、2020年11月1日付Instagram「ご縁があって下田の農園から来たアローカナと言う種類の卵を孵化器で育てて生まれた我が家のヒヨコちゃん達」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ