男性に「遊ばれない女性」になるために気をつけたい4つのこと

愛カツ


20代後半~30代の恋愛といえば、結婚を意識する人も多いはず。

周囲に結婚する人も多くなり、「私も素敵な人と恋に落ちたい!」と思う人もいるのではないでしょうか。

そんな乙女モードの女性には、時に忍び寄る「男性の黒い影」があるものです。

女性たちのピュアな感情を振り回すような男性には、振り回されないようにしたいですよね。

あなたを懸命に愛してくれる男性を結婚相手として手に入れるべきですし、悪い遊ばれるような女性になってはいけません。

今回は、「遊ばれない女性」になるために気をつけたい4つのことを紹介します。

男性に「遊ばれない女性」になるために気をつけたい4つのこと

■ 1.お酒に酔いやすいなら、1人で外で飲まない

「お酒に酔いやすい女性は、話を聞く限りでは飲み屋でできた男友達が多いです。

だからだと思うんですけど、ワンナイトラブが圧倒的に多くて……正直、そんな女性を心から愛するような男性は、まず現れないと思うんですよ。女性なら、少しガードが硬いほうがモテるんじゃないかなって思います」(27歳/男性/看護師)

お酒に弱く、酔うと記憶を無くしてしまったり、判断力を低下させてしまったりするのなら、外で飲むのはほどほどにしておいた方が良いかも。

相手の身元もはっきりしないままに、シチュエーションに流された身体の関係を持ってしまうと、思いも寄らぬ「悪い結果」に繋がる可能性もあります。

お酒に弱いなら、1人でそのような場には行かないこと。

女性としての危機管理は、しっかりしましょう。

■ 2.「恋の駆け引き」で自分の価値を高めてみて

「簡単に手に入ったものほど、人は大事にしないんだと思うんです。スムーズにいくものは熱しやすく冷めやすいんですよ。なので、女性がする恋の駆け引きって、自分の価値を高めるために行うものでもあると思うんです。

その女性のことを本当に好きになってくれる男性なら、駆け引きだとわかったとしてもアプローチをしてくれると思いますよ」(29歳/男性/歯科医)

ピュアな女性ほど「駆け引きは、意地が悪い」と思っていそうです。

恋の駆け引きは、生半可であなたに関わり傷つけようとする男性を、ふるいにかける役割もありますので、実践する価値は十分にありそうです。

■ 3.「愛するより、愛される」気持ちを持つ

「愛されたいがために、出会ったその日に“好き~!”って、気になる彼に言ったりする女性がいるんですよ。そういう女性は、男性に愛されたいために、なんでもやってしまうところがある。

でも、本当なら愛するより、愛されるように仕向けなきゃダメなのになって思います。自分からがっついてしまうようでは、男性もそれなりの気持ちでしか向き合ってくれないと思う」(27歳/男性/心理カウンセラー)

愛するより愛されるほうが、女性は幸せになれるでしょう。

自分が愛したことの対価で、愛されるようでは本当の愛情とは呼べません。

あなたの「ありのままの姿」を認めてくれる男性と付き合う方が幸せになれます。

■ 4.男性に依存しない

「友達に、いつも遊ばれてしまう女性がいます。その子は、いつも男性がいないと生きていけないというか……。男性とのお付き合いにしか、自分の価値を見出せないみたいで。どんなに彼氏が遅刻しても、笑って許しちゃうような女性。

男性に依存しているから、なんでもその男性に言いなりなところがあって。自分の趣味をもったり、交友関係を広く持ったりしていれば“女性を言いなりにする男性”と一緒にいても幸せになれないことに気づくのになあー、と思っています」(29歳/男性/音楽関係)

男性に依存すると、「この子になら、何しても平気」と思われて、大切に扱ってもらえない場合も。

男性に依存しない姿勢を見せることで、男性も緊張感あるお付き合いをすることができるのです。

男性に依存するような恋愛は、自分も疲れてしまいます。

■ あなたの価値は「低くない」

「遊ばれない女性」になるためには、まず自分の安売りはしないこと。

自分の価値を下げてまで、お付き合いをする必要はありません。

誠実な男性こそ、女性の態度や考えをよく見ています。

遊ばれない女性になるためには、自分を強く持っていないといけません。

流されやすい女性ではなく、自分の意志で考えて行動できる女性になりましょう。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ