志らく 小池知事の「5つの小」に「店側が言いやすいようにしてあげないと」

 落語家の立川志らく(57)が20日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。東京都の小池百合子知事が19日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、会食する際の注意すべきキーワードとして「5つの小」を挙げたことについてコメントした。

 小池知事は「5つの小」について(1)少人数ならぬ「小人数」(2)終了は小一時間(3)会話は小声(4)小皿を使う(5)小まめな換気や手洗い、マスクと説明した上で「最前線で必死に尽力している医療従事者への『心遣い』も忘れてはならない」と付け加えた。

 志らくは、「お酒が入ると難しい。義務化する必要はないんだけれど、ある程度この5つの小っていうのをお店側にも要請していった方がいいと思う。注意しやすいように。大きな声出したら注意する、必ず小皿に分けるようにしましょう、マスクをしながら会話をしながら食べて下さいって。みんなに任せるんじゃなくて店側が言いやすいようにしてあげないと。もめちゃうから」と自身の意見を話した。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ