大谷亮平、『君と世界が終わる日に』出演 生き残りたちをまとめるリーダー役に

クランクイン!

 俳優の竹内涼真が主演を務める2021年1月スタートのドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、俳優の大谷亮平が出演することが発表された。生き残りたちをまとめるリーダー役のエリート警察官を演じる。

本作は、サバイバル×ラブストーリー×ミステリーの3つの軸が絡み合う、極限の人間ドラマ。日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、2021年1月より日本テレビ系にてSeason1が放送され、全10話で一度完結。その後、3月よりHuluにてSeason2全6話が配信される。主演の竹内は、どんな状況でも諦めず、死と隣り合わせの終末世界を生き抜く、たくましいサバイバー・間宮響(まみや・ひびき)を熱演する。

響は高校時代からの恋人・小笠原来美(中条あやみ)にひそかにプロポーズをしようとしたその日、トンネル滑落事故に遭い、閉じ込められてしまう。4日後、命からがらトンネルを脱出すると、世界は一変していた。誰もいない街。大破した交通網。届かない電波。街中に残された血痕。“世界の終わり”のような極限状態にひとり取り残された響は、必死に来美を探すが、どこにも見当たらない。やがて響は、この街が警戒区域として封鎖されてしまったことに気が付く-。

今回発表された追加キャストは、大谷をはじめ、笹野高史、マキタスポーツ、安藤玉恵、横溝菜帆、鈴之助の6人。

大谷が演じるのは、警察官の本郷大樹。役どころについて大谷は「正義感が強く、仲間をまとめるリーダー的存在という事で、実際の自分とは随分かけ離れた役柄ではあるなと…。大変な役どころではありますが、仲間を引っ張って行く姿に憧憬の念を抱きながら、頼りがいのある男に見えるよう、励んでいこうと思います」と意気込んでいる。

笹野は作家の宇和島雅臣役、マキタスポーツは引っ越し業者の甲本洋平役、安藤は介護士で母親でもある三原紹子役、横溝は小学生の三原結月役、鈴之助はバイク便ライダーの吾妻伸二役をそれぞれ演じる。

新日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』は、Season1(全10話)が日本テレビ系にて2021年1月より毎週日曜22時30分放送。Season2(全6話)が、3月よりHuluにて配信。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ