コロナ禍での「贈り物」事情…ギフトを贈りそびれて後悔

Entame Plex



楽天株式会社は、2020年10月27日~30日の期間において、全国の20~50代の男女500名を対象に「贈り物」に関するアンケート調査を実施。このたび、その調査結果が発表されました。



外出自粛などの影響により、今年ギフトを贈りそびれた経験があるか質問したところ、5人に1人以上が(21.2%)がギフトを贈りそびれたと回答しました。また、贈りそびれの経験があると回答した人を対象に、具体的に何を贈りそびれたのか質問したところ、上位に誕生日プレゼント、母の日ギフト、お中元、出産祝いなどがあげられました。



ギフトを贈りそびれたことに対して後悔したかを質問したところ、「とても後悔した(11.3%)」「後悔した(21.7%)」「どちらかというと後悔した(37.7%)」と、7割以上が後悔しているということが明らかになりました。また、そのうちの約9割(85.9%)がギフトを贈り直す機会が欲しいと回答しました。



ギフトを贈り直したいと回答した人を対象に、ギフトの購入方法についても質問したところ、「店舗」が44.0%、「ネット通販」が40.7%と、おおよそ同じ割合でした。世代別で見てみると、「ネット通販」と回答した人が最も多かったのは20代と、半数(55.2%)を超えていることから、若い世代の方が、購入先にネット通販を検討している割合が高いことが分かりました。



一方で、貰える予定だったギフトを受け取ることができずにがっかりしている人は10人に1人以上(14.8%)で、そのうち7割以上(73.0%)が、「ギフトを貰えなかったことで、ギフトの贈り手との関係性に不安を感じた」と回答するなど、ギフトは人と人を繋ぐ大切なコミュニケーションツールとして捉えている人が一定数いることが見受けられます。

年末にもらって嬉しいものについて質問したところ、上位に「菓子・スイーツ(45.8%)」、続いて、「ギフト券・商品券(44.4%)」「精肉(27.2%)」があげられました。そのほかにも飲料類や、果物などが王道ギフトとして人気があります。

<もらって嬉しいものランキング>※複数回答

1位:菓子・スイーツ(45.8%)

2位:ギフト券・商品券(44.4%)

3位:精肉(27.2%)

4位:カタログギフト(27.2%)

5位:コーヒー・お茶(22.6%)、果物(22.6%)



また、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」にて公開中の「楽天市場 お歳暮&冬ギフト特集2020」と連動し、“あのとき伝えたかった気持ち、今から贈ろう”をコンセプトにしたTVCM「お祝いの気持ち」篇と「おつかれさまの気持ち」篇が、11月23日(月・祝)より放映開始に。



本TVCMでは、今年、お祝いや感謝の気持ちを伝えるギフトの贈りそびれを後悔している女性を、女優・財田ありさが演じ、「楽天市場 お歳暮&冬ギフト特集2020」を活用して最終的にギフトを贈ることができるまでの心情の変化を表現している。楽曲は、井上陽水、奥田民生の『ありがとう』をシンガーソングライター・平賀さち枝がカバー。こちらもぜひチェックを。

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ