味方良介&荒井敦史が主演 紀伊國屋ホール改装前最終公演『熱海殺人事件 ラストレジェンド ~旋律のダブルスタンバイ~』の上演が決定

SPICE



2021 年1 月14 日(木)~1月31 日(日)紀伊國屋ホールにて、『熱海殺人事件 ラストレジェンド ~旋律のダブルスタンバイ~』の上演が決定した。

1973 年に文学座に書き下ろされ発表された『熱海殺人事件』は、つかこうへいの代表作であり、最年少で岸田戯曲賞を受賞し、紀伊國屋ホールを拠点に、つかこうへい事務所の春の名物として、何度も再演を重ね、東京の春の風物詩とも呼ばれている。2021 年新春、紀伊國屋ホールが改装工事に入るが、改装前の最後の演目として『熱海殺人事件』が選ばれた。演出は岡村俊一が務める。

“東京警視庁にその人あり”と言われた木村伝兵衛部長刑事は、2017 年~2019 年の3 シーズン同役を演じ、フジテレビ新春ドラマ『教場』やテレビ朝日土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス』などテレビドラマ出演が続く、今、最も注目される俳優の味方良介 と、映画『HiGH&LOW THE WORST』や、ドラマ『まだ結婚できない男』等に出演、武田鉄矢版『水戸黄門』では渥美格之進役を務め、2020 年版『改竄・熱海殺人事件』にて木村伝兵衛役を演じるなど、ドラマや映画、舞台など幅広く活躍している、荒井敦史 が、ダブルキャストで主演を務める。
(左から)味方良介、荒井敦史(紀伊國屋ホールにて)
(左から)味方良介、荒井敦史(紀伊國屋ホールにて)

また、捨て身の潜入捜査を行うヒロイン水野朋子婦人警官には、つかこうへいの愛娘であり、宝塚歌劇団の雪組トップ娘役として人気を博し、退団後もNHK 連続テレビ小説「マッサン」や、映画『嫌な女』など、ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍する愛原実花 と、乃木坂46 の最年長で、雑誌『andGIRL』やWeb『Oggi.jp』ではレギュラーモデルとしても活躍し、今回つか作品には初挑戦となる新内眞衣
愛原実花
愛原実花
新内眞衣
新内眞衣

東京警視庁に転任して来る熊田留吉刑事には、2018 年・2019 年に『熱海殺人事件』にて熊田留吉役を演じ、今年1 月には『飛龍伝2020』にも出演した、お笑いコンビNON STYLE の石田明と、『新・幕末純情伝』や『飛龍伝』といったつか作品はもちろん、2.5 次元舞台など、幅広いジャンルの作品に出演し活躍し続けている、細貝圭が顔を揃える。

そして、犯人大山金太郎は、D-BOYS のメンバーで、近年ではTBS「グランメゾン東京」やCX「グッド・ドクター」、また舞台『黑世界』に出演する等、テレビドラマや舞台など多方面で活躍している池岡亮介と、斬劇『戦国BASARA』シリーズ、2.5 次元舞台やタクフェス『くちづけ』など数々の舞台作品や「仮面ライダーゼロワン」、テレビドラマ「REAL⇄FAKE」に出演、映画『BLOOD CLUB DOLLS2』では主演を務めるなど活躍の場を広げている、松村龍之介が競い合う。

現存する紀伊國屋ホールで最後に上演される本公演に注目だ。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ