流されやすい人は注意 50代女性の7割が「違法薬物が身近にあってもせず」

しらべぇ


違法薬物の使用は、もちろん犯罪である。たとえ身近に薬物があったとしても、手を出さないのは当然だ。

画像をもっと見る

■「違法薬物が身近にあってもしない」6割


しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,844名を対象に調査したところ、全体の61.6%が「身近に違法薬物があっても手を出さない自信がある」と回答した。



関連記事:「違法Tシャツ」で2名が逮捕 私的使用は問題ないのか弁護士に聞いた

■強い意志で断る


性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。



まっとうな人生を送るために、強い意志を持っている人が多い。

「違法な薬は依存性が高く、人生を破滅させるようなイメージがある。そのようなものは絶対にやりたくないし、そんなものを勧めてくるような人がいれば縁を切る」(30代・女性)


「見つかれば逮捕されて、社会的信用を失うことになる。そのようなリスクのあるものは、絶対に手を出さない。健康への被害もかなりあるだろうし」(20代・女性)


■流されやすい人は注意を


流されやすい性格の人は、注意が必要だろう。

「僕は流されやすい性格なので、周囲から軽いノリで勧められたらやってしまいそうな気がする。今の交友関係はまじめな人ばかりなので、そのような心配はないけれど」(20代・男性)


少しだけ、興味を持っているという人もいる。

「どのような気分になるのか、少し興味はある。もちろん違法なので自分から進んで手は出さないけれど、身近にあればかなり好奇心を持つ気がする」(30代・男性)

■違法薬物はお金がかかる


違法薬物にお金を使うのは、もったいないとの意見も。

「違法薬物の使用を続けるには、かなりお金がかかるはず。そんなものにお金をつぎ込むくらいなら、僕は食事などにお金をかけてお腹も心も満たしたい」(40代・男性)


「妻や子供のためにも、違法薬物で人生を台無しにするわけにはいかない。そんなお金があるならば、家族で旅行に行くなど有効に使いたい」(30代・男性)


身近に違法薬物があっても手を出さないと考えている人が多いのは、少し安心できる結果といえるだろう。

・合わせて読みたい→梅沢富美男、伊勢谷容疑者逮捕で怒り爆発 「芸能界は戻れるのがおかしい」

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ