ジュード・ロウが限界まで追い詰められる『サード・デイ ~祝祭の孤島~』インタビュー映像解禁

クランクイン!

 俳優のジュード・ロウと女優のナオミ・ハリスが主演するドラマ『サード・デイ ~祝祭の孤島~』が、本日11月20日よりAmazon Prime Videoチャンネルの「スターチャンネルEX ‐DRAMA & CLASSICS‐」で独占日本初配信される。このたび、ジュードやナオミらキャストとスタッフのインタビュー映像が解禁された。

ブラッド・ピット率いる制作会社“プランBエンターテインメント”とHBOがタッグを組んで製作した本作は、『夏』と『冬』3話ずつの2部構成で贈るミステリードラマ。ロンドン郊外の孤島を舞台に、島の伝統と文化を守るためには手段を選ばない謎めいた島民を相手に、『夏』ではジュード演じるサムが、『冬』ではナオミ演じるヘレンが奇妙で恐ろしい体験をし、それぞれのトラウマと向き合わされ精神を追い詰められていく姿が描かれる。また、ケルト文化を取り入れた祝祭のシーンも印象的で、映画『ウィッカーマン』(1973)など閉鎖空間や排他的世界を描き人気を博したカルト・ホラー作品を彷彿とさせるような作品となっている。

引き潮の時しか渡れないロンドン郊外の孤島。ロンドンでガーデニング店を経営しているサム(ジュード)は、店が緊急事態の日に見知らぬ少女を助けたことからオシー島に行く羽目になり、干潮を逃し足止めされてしまう(『夏』)。一方、長女の誕生日のサプライズに娘2人を連れてロンドンからオシー島へ来たヘレン(ナオミ)は、予約していた宿に追い返され、静まりかえった島で暖を取れる場所を必死で探すが…(『冬』)。

インタビューで、ヘレン役のナオミは「異なる人間の悲しみを探求しているドラマよ」「ヘレンが訪れたオシー島は荒廃している。どこか普通ではないと分かる」と語り、サム役のジュードは「前半の主人公のサムは限界まで追い詰められて苦しんでいる」「サムはこの世界にとらわれて逃げ出せない」と説明する。

本作の舞台となっているのは、ロンドン郊外に実在する孤島のオシー島で、クルーは実際にオシー島で撮影を行った。オシー島でのロケについて製作総指揮・企画を務めたフェリックス・バレットは「異常な世界だ。驚異的な島でロケを敢行した」とコメント。オシー島の島民であるミスター・マーティン役のパディ・コンシダインは「オシー島は秘密が多く、部外者には奇妙に映る。バランスを回復するためなら何でもする」、続けて同じく島民であるミセス・マーティン役のエミリー・ワトソンも「オシー島のバランスが保たれていれば、世界は平和だと信じる」と、島民たちの異常性についてコメント。

ジェス役のキャサリン・ウォーターストンは「幻想と現実の境界があいまいになっていく」と閉ざされた孤島で揺れ動くキャラクターについて回想。『夏』で製作総指揮・監督を務めたマーク・マンデンは「出来事の原因が分からない。まるでホラー映画のようだ」と作品についてコメント。『冬』で製作総指揮・監督を務めたフィリッパ・ロウソープは「住民は分裂している。心理的なドラマで、さらに喪失感も描かれている」と、本作が人間の悲しみを探求した心理ドラマであると語っている。

ドラマ『サード・デイ ~祝祭の孤島~』(『夏:1~3話』『冬:4~6話』/全6話)は、Amazon Prime Videoチャンネルの「スターチャンネルEX ‐DRAMA & CLASSICS‐」で11月20日より毎週金曜1話ずつ配信(11月20日から12月18日まで第1話無料配信)。BS10スターチャンネルにて12月22日より毎週火曜23時ほか放送(12月19日19時45分より第1話先行無料放送)。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ