いとうあさこ、神宮寺勇太のロケに「ノーカットだなんて奇跡ですよ!」


アイドルグループ・King & Princeの神宮寺勇太とお笑い芸人のいとうあさこが、テレビ朝日のバラエティ特番『名所から一番近い家』第3弾(21日 14:30~)の放送に先がけ、収録の感想などを語った。

この番組は、不動産会社「名所不動産」の新入社員・神宮寺が、客としてやってきたお笑い芸人・いとうあさこに対して、各地の“名所から一番近い家”をプレゼンしていくというもの。

今回は、神宮寺が日本最南端の“人が住む島”である沖縄の波照間島に、なにわ男子・西畑大吾が京都の天橋立にそれぞれロケで訪れる。

神宮寺といとうのコメントは以下の通り。

■神宮寺勇太
『名所から一番近い家』も3回目を迎え、ついに1時間半の枠をいただきました! 今回は初めての1時間半、初めての昼間の放送、そして番組で初めてロケに行かせていただき、初めてづくしの回になりました。僕の“初単独MC”としてやらせていただいているこの番組ですが、正直3回目を迎えた今回も、まだ慣れていません。(いとう)あさこさんいわく、僕は“次世代型”のMCなので、常に迷いながら進行をしています(笑)。
ロケも難しかったですね…。スタジオでは、僕が何かおかしなことを言ってもあさこさんが拾ってくれるんですけど、ロケだと誰も拾ってくれないし、住民の方にお話を聞くという立場なのでしっかりしなくてはいけないし(笑)。次のロケにはしっかりボキャブラリーを増やしてから行きたいなと思います。でも波照間島は本当にいいところだったので、プライベートでもゆっくり行ってみたいです! 今後は「能登半島の1番先端のところ」や「鳥取砂丘」に行ってみたいです。すごい絶景ポイントがあるらしいんですよ!
なにわ男子の(西畑)大吾が出てくれたのもびっくりしました。なにわ男子の活躍をよく見ていて、歳も近いので、仲間のような関係です。そんな大吾ですが、リポート力やリアクション、テンポの良さなどは、やはりさすがでした。勉強になりました! 毎回この番組では名所や歴史を学ばせていただいているので、勉強している学生の皆さんにとっても楽しみながら学べるとてもいい番組だと思います。そして、日本にはまだまだ素敵なスポットがたくさんあって、あらためて日本は魅力が満載なんだなと認識できました。それをこれからも皆さんに発信していけたらな、と思っています!

■いとうあさこ
最初はビルの一室のようなところで30分番組として始まったこの番組も3回目を迎え、お昼間に1時間半で放送させてもらえるようになりました。初回の収録のときはドッキリを疑ってしまうようなセットとシチュエーションだったのが、こんな立派なセットの番組になって素晴らしいことですよね。神宮寺先生の進行は今回もあいかわらずな緩さです(笑)。きっともう彼は、「(MCに)慣れる、慣れない」というところにはいないんですよね。だから1回目と3回目で、変わったのは髪型くらいかな(笑)。
さっきディレクターさんに聞いたんですけど、神宮寺先生のロケのVTRはほぼノーカットらしいんです。ロケって普通、ものすごくたくさん撮れ高があって、その中から厳選して編集されるものなんですけどね(笑)。ノーカットだなんて奇跡ですよ! でも! 神宮寺先生にはこのままで行ってほしい。成長を見守っているような気もするんですけど、神宮寺色が失われていくのもちょっと寂しい気はしちゃうんですよね。この番組は、どの番組よりも神宮寺カラーが強い、“神宮寺勇太の番組”ですから!
今回は、名所のそばに住んでいる方々の歴史や背景が特に色濃く出ているような気がします。そんなところもとても面白かったですし、やはり「神宮寺勇太、ここにあり」という瞬間がたくさんありますので、そちらも楽しんでいただけたらうれしいです。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ