やり方が卑劣!「不倫狙いの男性」がやりがちな行動

yummy!


やり方が卑劣!「不倫狙いの男性」がやりがちな行動

大人になるに従って、「なぜか既婚者ばかり狙われてうざい」と感じている独身女性・既婚女性は少なくありません。年齢が上がると、必然的に既婚者が増えていきますから、既婚者から粉をかけられる機会が増えるのはある意味、当然の帰結なのかもしれません。
しかし、求めてもいないのに、不倫相手としてターゲティングされるのは不快ですよね。今回は、「既婚男性から狙われてうざい」と感じている女性向けに、不倫狙いの男性がやりがちな行動と、彼らを撃退するためのヒントをご紹介していきます。

目次

不倫狙いの男性がやりがちな行動1 やたらと褒める


不倫に慣れている男性は、女性を褒めまくります。褒めて褒めて褒めちぎることで、女性が気持ちよくなって自分になびいてくれると勘違いしている人も少なくないのです。
そういった褒め一辺倒の男性にターゲットにされてしまったら、褒められたときに照れたり嬉しそうにしたりすることで、相手に「いけるかも?」と思われてしまう可能性があります。不倫狙い男を撃退したいなら、綺麗ですよね、かわいいよね、と言われても無視するか、にこりともせず「知っています」と言いましょう。

不倫狙いの男性がやりがちな行動2 自分より下のポジションを狙う


男性上司と女性部下、または女性派遣社員のような組み合わせの不倫は定番です。上のポジションにいる男性は女性から見て素敵に見えがちだ、という理由もありますが、「自分より下のポジションの女性ならいけんじゃないか?」と男性からなめられている、というのも狙われやすい一因です。
上司から恋愛感情をほのめかされたら、うやむやにせずに、さらに上の上司にチクるか、人事に相談しましょう。上のポジションから、恋愛感情を向けられたとき、下のポジションにいる人間は気を使ってはっきり断れなかったりします。男性側は恋愛感情だと思っていても、立派なセクハラだった、というケースも多いのです。おおごとにならないうちに、上の人からびしっとたしなめてもらいましょう。

不倫狙いの男性がやりがちな行動3 ロマンチックなおじさんライン


不倫中の男性の中には、これは純愛だ、など久々に感じた恋愛感情に舞い上がってしまっている人もいます。よく言われる絵文字だらけのやたらロマンチックな長文おじさんラインを送りがちなのも中年不倫狙い男性の特徴です。
そういったロマンチックなラインがまったく興味がない既婚男性からきた場合には、無視が一番です。仕事の関係などで無視が難しいようであれば、時間を開けて、完結に一文で返しましょう。

不倫狙いの男性がやりがちな行動4 恋愛事情を聞いてくる


仕事関係の既婚男性から聞かれたくもない恋愛事情を聞かれたら、にこりともせず無視するのが最前の策です。それが難しい関係であれば、上司に相談しましょう。

不倫狙いの男性がやりがちな行動5 家庭の不和をアピールする


不倫狙いの男性は、真実か否かに関係なく、家庭の不和をアピールします。もう離婚しそうだとか、別居をしている、という情報をこっちが聞いてもいないのにペラペラ話し始めたら、「大変ですね。うちはラブラブなんですが」と返しましょう。
あなたに恋人や夫がいない場合でも、「ラブラブなんで、不倫とかする気はありません」アピールをしておくことで既婚男性から狙われる可能性を極力減らすことができます。
(今来 今/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ