石原さとみ、岡田惠和と初タッグ 家族の絆を描いた新春ドラマSPで主演 

クランクイン!

 女優の石原さとみが、新春ドラマスペシャル『人生最高の贈りもの』(テレビ東京/2021年1月4日20時放送)で主演を務めることが発表された。石原はテレビ東京のドラマで主演を務めるのは初となる。

本作は、余命宣告を受けた一人の女性と、彼女を取り巻く家族の絆を描く、岡田惠和のオリジナル脚本によるヒューマンドラマ。石原と岡田は初タッグとなる。監督は、60年以上の演出キャリアを誇り、日本テレビ時代には『池中玄太』シリーズや『新宿鮫』シリーズなど数多くのドラマを手掛けた石橋冠が務める。

物語は、自身の余命がわずかであることを知った石原演じる主人公・田渕ゆり子が、突然実家の父親のもとに帰省するところから始まる。

東京・豊島区の小さな洋館に、元大学講師の翻訳家・笹井亮介は暮らしている。妻に先立たれ、独り暮らし。そこへある日、長野県・安曇野ののどかな町で夫と暮らしていた一人娘・ゆり子(石原)が帰ってきた。突然の帰省に驚く亮介は理由を尋ねるが、ゆり子は語ろうとしない。分かったのは家にいる期間を決めていないということだけだった。これまで「父と娘」の会話をろくにしてこなかったため、2人の間にはぎこちない雰囲気が漂う。こうして始まった父と娘の2人暮らし。緊張しつつも温かく穏やかに過ぎていくが、実は娘の人生に残された時間はわずかだった…。

主演の石原は「本作では、父親とのふたりのシーンが多いのですが、私自身、父親とふたりっきりで生活することが人生で一度もないので、少し難しかったです。全父親が感じる、娘に対しての思いみたいなものがあるのかなと思うと、より切ないというか、娘なのにちょっと他人感があるというか…。ただ、自分の命と向き合うときに、そこを少しだけ近づけていくっていうのはすごく美しくて、そういう選択があるのだと感じました」と話す。

脚本の岡田は主演の石原について「彼女は、スーパーな力を持っているわけではないけど、きちんと理不尽なことや曲がった世界に物申す主人公を演じることが多かったと思います。そしてその作品は女性たちに確実に力を贈っています」としつつ、「でも俳優としての石原さんの魅力はそれだけではない。今回のドラマのようなホームドラマの中の、どこにでもいるような女性の役も、絶対に上手い。絶対素敵であると、確信しています」と語っている。

新春ドラマスペシャル『人生最高の贈りもの』は、テレビ東京系にて2021年1月4日20時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ