M・J・フォックス 2度目の引退表明…健康状態の悪化で

 米映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで知られる米俳優マイケル・J・フォックス(59)が、今月発売した回顧録で、健康状態の悪化を理由に俳優を引退すると表明した。

 パーキンソン病にかかっていることを公表し、2000年にドラマ「スピン・シティ」を降板した後、カムバックしていた。回顧録では「2回目の引退」と記している。米紙ロサンゼルス・タイムズが19日までに報じた。91年にパーキンソン病と診断。ドラマ降板後、病気の研究のための基金を立ち上げた。13年にはコメディー番組でテレビドラマに復帰していた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ