渡辺直美、ノブコブ吉村の若手時代の“破天荒ぶり”明かし「激ヤバ野郎だった」

E-TALENTBANK


11月18日深夜、テレビ朝日系『いいねの森』に渡辺直美と平成ノブシコブシの吉村崇が出演。若手時代の吉村の破天荒エピソードが明かされた。

【別の記事】渡辺直美「綾部さんがとにかく心配」コロナ禍のNYについて言及

渡辺は、自身らの若手時代に、吉本興業の大きなイベントが行われたと切り出し、エンディングでは数百人の出演者らがステージに登壇したと回想。

続けて「中心となる人たちが『ありがとうございました』っつってはける時に、吉村さんだけはけなくて」「なんか準備してた、でかいバズーカみたいな自作のバズーカを客席に向けてバーンとかいって…『俺が一番だァァ!!』みたいな。激ヤバ野郎だった」と当時の吉村の行動を明かした。

この出来事について吉村は、「あとから呼ばれて怒られた。『いい加減しろよお前、なにが面白いんだよ、それの』」と語り、スタジオの笑いを誘った。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ