『東京BABYLON 2021』、メインキャストに蒼井翔太・水樹奈々・梅原裕一郎


TVアニメ化が決まっている『東京BABYLON 2021』の放送開始が2021年4月に決定。キービジュアルや第2弾PV、メインキャスト&スタッフ、主題歌アーティストなどの情報が公開された。

注目のメインキャストは、主人公の皇昴流(すめらぎ すばる)役を蒼井翔太、皇北都(すめらぎ ほくと)役を水樹奈々、桜塚星史郎(さくらづか せいしろう)役を梅原裕一郎がそれぞれ担当する。
○●TVアニメ『東京BABYLON 2021』登場キャラクター

■皇 昴流 cv. 蒼井翔太
日本の陰陽師の頂点に立つ、皇一族の第十三代当主。歴代当主の中でも一、二を争う霊力を持ち、陰陽師として独り立ちする修行のため、双子の姉・北都と共に、東京で霊的事件の解決を請け負っている。純粋で思い遣りにあふれ、他者の痛みを自分のことのように受け止める繊細な心の持ち主。その反面 “自分自身”への執着が薄く、人の為に我が身を投げうってしまう危うさがあり、いつも北都に心配をかけている。
◎蒼井翔太のコメント
この度、『東京BABYLON 2021』にて、皇 昴流役を演じさせていただくこととなりました。
CLAMP先生が手がけられた名作が時を経て、今ここに再誕します。
この作品に詰め込まれている大きなテーマと、普段、僕たちが感じることの出来ないものを、2021年に生きる昴流を通して精一杯伝えられたらと思います。
是非、ご期待下さい!

■皇 北都 cv. 水樹奈々
活発で明るく、いつもおしゃれをして“女の子”であることを謳歌している、昴流の双子の姉。世間知らずで、身の回りのことに頓着のない弟の世話をするのが日課で、昴流の服のコーディネートはすべて北都が用意している。何事も深刻に捉える真面目な昴流とは対照的に、辛いことを笑い飛ばしてしまう楽天家。理不尽に傷つけられた人の心に寄り添う優しさと、安易に手助けをしない思慮深さがあり、その懐はとても温かで深い。
◎水樹奈々のコメント
学生時代、読んでいた作品にまさか自分が携わることになるなんて…!とても光栄です!!
素晴らしい原作に、今この時代だからこその要素が追加され、それが見事に融合し、毎話胸を揺さぶられています。
キャスト・スタッフ一丸となって制作中ですので、みなさんぜひ放送をチェックしてくださいね!

■桜塚星史郎 cv. 梅原裕一郎
いつも穏やかな笑顔を浮かべている、物腰が柔らかな獣医師の青年。陰陽術で人を殺める暗殺集団「桜塚護」の末裔だが、本人はほとんど霊力がないと言っている。病院から逃げ出したインコを捕まえた昴流に「好きになった」と告げ、皇姉弟と交流するようになり、手料理を振る舞うほど仲良しに。昴流に危険が迫ると助けてくれる、頼りになる存在だ。
◎梅原裕一郎のコメント
『東京BABYLON』という作品が持つ魅力を、この令和の時代にアニメーションとしてお届けできることをとても光栄に思っております。昴流を始めとするキャラクターの個性的な魅力や、2021年の東京を舞台に、まっすぐに立ち向かっていく姿をどうぞ見守って頂けますと幸いでございます。
スタッフ一同全力で制作していますので、ぜひ楽しみにして頂けると幸いでございます。

そして、メインスタッフとして、監督を鈴木信吾・工藤進、シリーズ構成を熊谷純、キャラクターデザインを古田誠が務める。

■TVアニメ『東京BABYLON 2021』メインスタッフ
原作:CLAMP「東京BABYLON」
監督:鈴木信吾、工藤 進
シリーズ構成:熊谷 純
キャラクターデザイン:古田 誠
総作画監督:古田 誠、谷 圭司
メインアニメーター:内田孝行、大久保 宏
メカ・プロップデザイン:大久保 宏
編集:渡邉千波
音響監督:郷 文裕貴
音楽:朝倉紀行
音楽制作:キングレコード
オープニングテーマ:蒼井翔太
エンディングテーマ:水樹奈々
アニメーション制作:GoHands

さらに、主題歌アーティストとして、オープニングテーマを蒼井翔太、エンディングテーマを水樹奈々が担当することも発表されている。

最新PVでは、昴流をはじめ、北都や星史郎が闘う様子も見られ、繊細かつ迫力のあるバトルシーンも本作の魅力の一つとなっており、さらにキャラクターボイスも今回のPVで初解禁されている。

○●TVアニメ「東京BABYLON 2021」第2弾PV

TVアニメ『東京BABYLON 2021』は、2021年4月からの放送開始予定。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)CLAMP・ST/TOKYO BABYLON 2021 PROJECT

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ