片づけのプロが実感!「玄関あるある」だけど実は要らないモノ4つ

All About


これって玄関にいる?を自身に問いかける

毎日目にする家の景色は自分の中であたりまえになっているため、不要なモノに気がつきにくいもの。そこで片づけを始める前に、まずは「これって本当に必要かしら?」と自分自身に問いかけてみませんか?

家の中の片づけは入り口である玄関から始めるのがオススメ。片づけのプロとして活動し、ミニマリストでもある香村薫が、自宅を何度も片づけ直して分かった「実は玄関に要らないモノ」をご紹介します。

1. 玄関マット

靴箱にウェットシートを置き、週1で玄関のたたきを拭きます
筆者の実家ではあたりまえに存在していた玄関マット。結婚してからも疑問を持つことなく、ずっと使っていました。ただ、玄関マットがあることで、急いでいる時に子供がマットで足を滑らせて転ぶ、重い荷物を引きずって運びたいのに玄関マットが敷いてある場所で持ち上げなければならない、掃除機をかけるのが面倒、とデメリットが気になってきました。

そもそも玄関マットは海外の土足文化が発祥で、家の中に埃や砂を持ち込むのを防ぐのが役割。そこで、我が家では玄関マットをやめました。玄関の靴箱にウェットティッシュを常設し、これで週に1度は玄関のたたきを拭いてスッキリさせています。

2. 高級な雑貨

クリスマスにギター買ってください、というお願いごとも飾ります
玄関は外からの埃が入ってくるので、汚れやすい場所。雑貨にも埃や汚れが付きやすいのが難点です。他人の目に入りやすい玄関だから……と見栄を張って高級な雑貨を置いていたのですが、掃除が面倒ですっかり汚れてしまいました。

例えば、人気の北欧インテリアをイメージして買ったろうそくとキャンドルホルダー。そもそも玄関でろうそくを点ける機会もなく、万が一点けたとしても掃除していないので、埃だらけで火災になりそうで怖いな……と思っていました。

また、旅行先で奮発して買った焼き物や木彫りの動物アイテム、ブリザーブドフラワーも同様に置きっぱなしで汚れていたので残念な印象に……。かといって、形が複雑なのでサッと拭くだけでは汚れが取れにくく、本当に掃除が面倒でした。

そんなわけで、我が家は玄関に置いていた雑貨を手放すことにしました。その代わり置いたのが「子供が持ち帰ったちょっとした作品」です。

園や学校で作成した工作、公園でひろった葉っぱやどんぐり、クリスマスのお願いごとを飾るのもいいですよ。増え続けて困る人は、新しいモノを飾ったら交換して手放すというルールも作っておきましょう。

3. 用途が限られた専用の靴

靴を厳選したことで、防災グッズなどを玄関に置くスペースが確保できました
次に置くのをやめたのが、めったに履かない、用途が限られた靴です。先日身内の不幸で、お通夜とお葬式合わせて2日間、朝から晩まで喪服に合わせた黒いパンプスを履いたのですが、もう足が痛くて痛くて……。この経験から、普段から履きなれた靴を葬儀用と兼ねることにしました。

同じく「つっかけサンダル」についても考え直してみることに。サッと外にでるのであれば普段使いのサンダルを使えばいいですね。あたりまえに必要だと思い込んでいる靴を減らすことで、靴箱の中に空きスペースができ、防災グッズなどを収納できるようになって、とても使い勝手が良くなりました。

私はミニマリストなので不要な靴は手放しましたが、まだ履ける靴を手放すのはちょっと……という方は、服とセットでクローゼット内に収納するというのはいかがでしょうか? 喪服の近くに黒いパンプス、水着と一緒にビーチサンダル、といった具合です。使い勝手もよくなりますし、玄関からモノを減らすこともできますね。

4. 市販の芳香剤

ナチュラル洗剤を芳香剤代わりに使う
最後に、市販の芳香剤もやめました。これも実家生活のときにあたりまえのように置いていたので、何も考えずに使い続けていましたが、旅行から戻ったとき、玄関のドアを開けたら芳香剤の香りが強かったことを機に、芳香剤で玄関の臭いをごまかすのではなく、臭いの根源を消臭することに注力しよう!と考え方を変えました。

靴の消臭には重曹が効果的。空き瓶に重曹を入れて置いておけば30分程度で臭いが取れます。ただ2~3週間もすると効果が無くなってしまうので、残った重曹はトイレ掃除に使い、新たなモノに交換します。

今回は玄関に実は不要なモノをご紹介しました。どなたかのお役に立てれば光栄です。
(文:香村 薫(シンプルライフガイド))

当記事はAll Aboutの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ