あの頃の自分に教えてあげたい…恋愛初心者のときに失敗したこと




まだ恋愛に不慣れだった頃、やらかしてしまったことは数え切れませんよね。でも、多くの恋愛経験を積んだいま、あの頃の自分に言ってあげたいことがたくさんあるのではないでしょうか?
もし現在の恋愛がうまくいっていなくても、恋愛初心者だった自分を振り返れば「けっこう成長しているじゃん!」と前向きになれることもあるかもしれません。

恋愛初心者のときに失敗したこと

それではさっそく、女性たちが「恋愛初心者のときに失敗したこと」をみていきましょう。なかには思い出すだけで恥ずかしくなって、足をばたつかせるエピソードも。ピュアで、怖いもの知らずだったあの頃の自分から、得られるものもあるのではないでしょうか。

LINEを送りすぎた

「送りすぎたらダメ! という暗黙のルールを知らなかったので、気持ちのままにLINEを送りすぎて引かれた。その頃のことが活かされているのか、いまでは人にアドバイスできるくらいLINE上手に」(27歳/女性)

▽ たしかに、恋愛初心者の頃には、相手よりも恋する自分に恋していたようなところがあります。LINEを送るときにも、自分の気持ちを優先することが多かったかもしれません。相手との距離は、失敗を繰り返しながら感覚的につかんでいくもの。その都度、距離感の問題について真剣に向き合ってきたからこそのいまですね。

素っ気なくしてしまった

「学生の頃は周りの目が気になって素っ気なく接してしまい、フラれる結果に。『周りよりも彼のことをちゃんと見てあげなよ!』と言ってあげたい」(29歳/女性)

▽ 彼のことが好きなのに、どうしても周りの目が気になって冷たくしてしまうというエピソードも恋愛初心者あるあるですよね。気持ちの伝え方もよくわかっていなかっただろうし、相手のことを考える余裕もなかったのかも。悲しみと引き換えに、愛情表現について教えてもらった大切な経験ですね。

「どれくらい好き?」と聞いていた

「相手の言葉でしか気持ちを確認できなかったから、しつこいくらいに『どのくらい好き?』と聞いていた。このお付き合いではじめて『重い』と言われた」(30歳/女性)

▽ 彼の表情や態度など、いろいろな部分から愛情を受け取れることを知らなかったあの頃。愛の言葉だけが、気持ちを確認できるすべてでしたよね。可愛らしくも思えるエピソードですが、男性から「重い」と言われるのはなかなか堪えるもの。恋愛では傷つくことも多いですが、自分を客観視できるようになることで、気づけることもたくさんあります。

トイレに行きたいと言えなかった



「どうしてもトイレに行きたいと言えなくて、お腹が痛くてデートどころではなかった。トイレも行けないような仲じゃ続かないのに……」(29歳/女性)

▽ 自分を飾りすぎないことの教訓を得た貴重な経験。そして、トイレをがまんするよりも、彼に対して気遣うべきところは他にももっとあったはずですもんね。いつでもリラックスした自分でいて、相手の気持ちを考えられる余裕を持っていたいものです。

まとめ

失敗したときには「世界の終わりだ……」くらいまで落ち込みますが、その経験がステキな恋愛スタイルにつながっているのなら、悪いことばかりではない気がしますよね。もっと幸せな恋愛をするためだと考えて、これからまた失敗したとしても前向きに捉えていきましょう。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ