がんの義父をドナーに救ってもらった女性 「治らないのなら天国に行きたい」と語る4歳児のドナーに(米)<動画あり>

生きていくために生後6週から輸血が欠かせなかった4歳男児が、骨髄バンクに登録していた見ず知らずの女性から造血幹細胞移植を受けた。移植を受ける前の母親と息子の胸を揺さぶられる会話、そして女性がドナーとなったきっかけなどについて『USA TODAY』『InspireMore.com』などが伝えている。

米ペンシルベニア州フィラデルフィアに住むニコラス君(Nicholas、5)は、輸血が必要な重度の貧血をもって生まれ、生後6週で初めての輸血を受けた。ニコラス君の病気の治癒には造血幹細胞移植が必要で、両親は医師に「『移植を受ければ95%の確率で病気は完治し、これ以上の輸血の必要はなくなるでしょう』」と言われていたものの、移植をするかどうかの決断を下せないでいた。

母のカテリーナさん(Catherina)は「移植前のニコラスは3週間に一度、約8時間かけて輸血を受けていました。治療はニコラスのみならず家族にとってもかなりの負担になっていたのですが、移植が成功しない5%のことを考えると私は怖くてしかたなかったのです。移植の必要性や安全性については、第2、第3の意見も聞いて回りました」と当時を振り返る。

ただ、そんなカテリーナさんの背中を押したのはニコラス君本人だったそうで、カテリーナさんは当時3歳半だったという息子との会話について次のように明かした。

ニコラス君「ママ、僕が今死んだらどうなるの?」

カテリーナさん「ニコラス、そんなことは二度と言わないで。」

ニコラス君「ママ、僕が死んだらどうなるの?」

カテリーナさん「あなたは今すぐには死んだりしないわよ。でももし死んでしまったら、天国に行くの。」

ニコラス君「天国に行っても、病院に行って輸血をしなくちゃいけないの?」

カテリーナさん「いいえ。天国では輸血は必要ないの。」

ニコラス君「それなら僕は天国に行くよ。」

カテリーナさん「ママは、あなたが天国に行ってしまうなんて考えられないわ。」

ニコラス君「天国に行けないのなら、僕は病院に行ってちゃんと病気を治してもらいたい。」

「胸が張り裂けそうな思いだった」というカテリーナさんは、このニコラス君の言葉で移植を決意。骨髄バンクに登録するとニコラス君が4歳の時にドナーが見つかった。

ドナーになったのはジェシカ・ペパンさん(Jessica Pepin)で、骨髄バンクに登録して1か月後にニコラス君と適合することを知らされたという。

ジェシカさんは「連絡を受けた時は驚きましたが、ドナーになることへの迷いはありませんでした。大変だったのは自分のスケジュールの調整くらいかしら」と語ると、こんなエピソードを明かしてくれた。

「実は骨髄バンクから連絡がある約1か月前に、血液のがんで苦しんでいた義父が見ず知らずの人から骨髄移植を受けたのです。そして義父は移植によって命を救われました。」

「その後、間もなくニコラス君のことを知り、『今度は私がニコラス君を救う番だ』と移植の輪が広がっていくことをとても嬉しく思いました。」

こうしてジェシカさんから移植を受けたニコラス君は、副作用や合併症もなく元気に回復し、移植以来一度も輸血を受けていないという。

そんなニコラス君一家とジェシカさんは今月初め、テレビ電話で初めて顔を合わせており、カテリーナさんはジェシカさんに感謝の気持ちをこのように伝えた。

「ニコラスの移植に必要だったのはたったの4分の1カップほどの造血幹細胞でした。それだけでニコラスは完治し、5歳の誕生日を元気に迎えることができました。ニコラスが普通に生活できるようになったのはあなたのおかげです。何ものにも代えられない命の贈り物を本当にありがとう。」

そしてジェシカさんは感極まりながら、こう述べた。

「家族みんなにハグしたい気持ちでいっぱいです。もうニコラス君の家族は、私の家族のようなもの。親切の輪が広がって人の命を救うことができる。本当に素敵なことだわ!」



画像は『InspireMore.com 2020年11月15日付「Sick 4-Yr-Old Gets New Lease On Life Thanks To Stranger’s Stem Cell Donation.」(Facebook)』『Humankind 2020年11月2日付Facebook「Five-year-old meets anonymous donor who cured him」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ