実写『モンスターハンター』リオレウス&“肉焼きシーン”も登場の本予告解禁

クランクイン!

 日本発の大ヒットゲームシリーズをハリウッドで実写映画化する『モンスターハンター』より、本予告映像が解禁。主人公アルテミス役のミラ・ジョヴォヴィッチらの壮絶なアクションのほか、ゲームで大人気のモンスター・火竜<リオレウス>や、おなじみの“肉焼き”シーンも収めている。

カプコンの人気ゲームシリーズを基にする本作は、国際連合軍の隊長で突然の嵐に巻き込まれたアルテミス(ミラ)たちが、超巨大モンスターたちが暮らす新世界を舞台に繰り広げるバトルを描く。メガホンをとるのは、累計興行収入200億円超のヒットを記録した『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン。

ゲームシリーズ屈指の名曲「英雄の証」に乗せて贈る本予告映像は、アルテミス(ミラ)率いる特殊部隊が突然、超巨大な砂嵐に遭遇し<巨大モンスター達が跋扈(ばっこ)する世界>に送り込まれるシーンからスタート。砂漠に迷い込んだ部隊に、モンスター・黒角竜<ディアブロス亜種>が襲いかかる。そこに現れたのは、モンスターの狩猟を生業とする者=ハンター(トニー・ジャー)。近代兵器が通用しないモンスターだが、この世界での武器は有効となる。

映像では、アルテミスたちの壮絶なバトルアクションと共に、ハンターがディアブロス亜種を狙う“弓”や、アルテミスが使い方を学ぶ“双剣”など、ゲームでおなじみの武器種が登場。さらに、吐いた糸で獲物を拘束して毒攻撃をしてくる巨大な蜘蛛のような姿の不気味なモンスター・影蜘蛛<ネルスキュラ>、「空の王者」の異名を持つゲームで大人気のモンスター・火竜<リオレウス>の姿も。最後は、草食竜<アプケロス>の肉でバーベキューをして、アルテミスが「上手に焼けた」と笑顔を見せるおなじみの“肉焼き”シーンで幕を閉じる。

主演のミラが身体を張って挑んだ痛快なバトルアクションをはじめ、武術の達人トニー・ジャーによるムエタイアクション、そしてゲームの人気キャラクター<受付嬢>を演じる山崎紘菜のハリウッド初アクションなど、俳優陣が迫真の演技を披露する本作。そんなエキサイティングな世界観の一端を垣間見られる迫力の予告映像となっている。

映画『モンスターハンター』は2021年3月26日より公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ