なかなか好きになれない…。「彼氏ができない女性」5つの原因とは?




「恋はしたいけどなかなか好きな人ができない」といった女性は案外多いもの。ときめきたい気持ちがあるのは事実なのに、いざ男性と付き合うとなってもイマイチ気が乗らないのは何か大きな理由があるはず。
ここでは彼氏ができない女性の特徴や原因を考えてみたいと思います。

慎重すぎる

そもそも恋愛に対して奥手なタイプの人は、好きになることに関しても慎重すぎるでしょう。いいな、と思う男性が現れても「うまくいかなかったらどうしよう」「まだ付き合うのは早い」など行動する前に頭であれこれ考えてしまう傾向が!
そうするとチャンスを逃してしまいいつまでたっても恋ができないという負のループに陥ってしまいます。何も考えずに行動することもリスクがありますが、かといって慎重すぎるのも恋愛においてはネックになってしまうでしょう。

過去のトラウマ

なかなか男性を好きになることができない人は、過去の恋愛を引きずっている可能性があるでしょう。大好きな彼氏にフラれたりトラウマとなる出来事があると、どうしても次の恋愛に踏み出せなくなってしまいます。
「どうせ男なんて……」と男性不信のような状態になっていると新しい恋をすることへ前向きになれず、ただ月日が流れていくなんてことも。

自尊心が低い

自分に自信がなかったり、恋愛をするとネガティブモードが発動してしまうことはありませんか? このような自尊心が低い女性は恋をする時にも影響が出てしまいます。
「私なんて」や「すぐに私のことは好きじゃなくなる」など、自分を蔑むクセがあると、たとえ彼氏ができたとしても長続きしません。自分のことを大切にできないと、いくらステキな男性に出会ったとしてもうまくいくはずがありませんよね。

一人が好き

根本的に好きな男性と一緒にいる時間よりも、一人でいる時間のほうが好きな人は、あまり積極的に恋をしようと思わないかもしれません。「いい人がいれば」くらいの感覚なので、とくに出会いがなくても一人の時間を満喫できてしまうのです。
頑張って彼氏を作ろうとしないので自分らしくマイペースに楽しむことができる反面、気がつくと彼氏いない歴がどんどん更新されていく……ということになりがちです。

理想が高い



男性に求める理想が高ければ高いほど、付き合うためのハードルも上がります。多くの人は年齢を重ねて経験を積んで、理想と現実のギャップを知り受け入れることで、理想通りの人ではなくてもポジティブに恋をしようと考えるもの。
ですが逆に理想がどんどん高くなっていき、パーフェクトな人でないと付き合えない状況になってしまう場合もあります。そうすると当然ながら好きになることも少なくなり、独り身の期間も長くなってしまうのです。

まとめ

好きな人ができないと悩む女性は、心ではなく頭で恋愛をしようと考えてしまうようです。もちろんそれも必要なことですが、頭ばかり使っていると素直になれなかったりそもそも好きという感情がわからなくなってしまいます。
もっと自分の気持ちを優先させて、考える前に行動するアグレッシブさがあってもいいのではないでしょうか?

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ