北海道カレー「吉田商店」実食レポ レトルトの印象くつがえすマジウマ仕様

fumumu


吉田商店スープカレー筆者が北海道函館市に移住してみて気づいたこと…それはカレーの種類がやけに豊富! ということ。お土産屋にはスープカレーをはじめとした数多くのレトルトカレーが揃っています。

どうせなら、北海道のレトルトカレーを食べ尽くしてみたいという欲望が。というわけで記念すべき初回は、「スープカレー喰堂 吉田商店」のレトルト商品をご紹介いたします!

画像をもっと見る

■函館「スープカレー喰堂 吉田商店」


今回ご紹介する、「チキンスープカレー」(926円・税込)は、函館にお店をかまえる「スープカレー喰堂 吉田商店」の味を詰め込んだもの。

吉田商店スープカレー

同店の特徴は、お店で砕きブレンドした唐辛子を使用しており、さっぱりしているが味わい深いスープというとことだそう。

吉田商店スープカレー

今回購入した「チキンスープカレー」は、柔らかいチキンと野菜がたっぷり入っているという、スープカレー初心者にはピッタリのタンダードな内容のようです!

関連記事:札幌はスープカレーだけじゃない! ルーカレーのお店3選

■袋が重い


パッケージから取り出してみると、中には重めの袋が1つ。袋の時点で、けっこうゴロゴロしています。

吉田商店スープカレー

調理方法は電子レンジで約5分(500W)。超お手軽…。

吉田商店スープカレー

横にすると中身がこぼれるという注意がいたるところに書かれているので、温める際は本気でご注意ください。

蒸気に気をつけて開封してみると、スープカレーが見参!

吉田商店スープカレー

普通のカレーとはまた違う、しかしスパイスの効いた香りが漂いまくります。

■気になるゴロゴロ感は?


早速お皿に移して、ご飯と一緒に準備完了。ちなみにお米は「ゆめぴりか」に十六穀米を入れたもの。北海道づくしでございます!

とはいえ、一見するとスープカレーならではの具材ゴロゴロ感が弱い気も…まさか具材はゴロついていないのかと不安を感じ、スプーンですくってみることに。

吉田商店スープカレー

訂正します。しっかりゴロゴロしてました…! やはりお店よりはシンプルに見えるものの、自宅で食べるならば十分以上ではないでしょうか。

吉田商店スープカレー

しかし問題はここから。実はこれまでの人生で、あまりレトルトカレーを食べる機会がなかった筆者。レトルトカレーは本当に名店の味が再現されているのだろうか…などと、薄暗い心を抱きながら実食にうつります!

■素材の味が活きていて驚き


まずはスープをすくってひとくち。リアルに「え? うまっ」と声が出ました。サラサラのスープは旨味がしっかり効いていて、ややピリっとするくらいの辛さ。

吉田商店スープカレー

さらに具材が美味しい…! じゃがいもやにんじんは、表面にかかったカレーと素材の味が相まって絶品。にんじんの甘さには驚きました。また、チキンは弾力がありつつもホロホロ感も。

吉田商店スープカレー

「スープカレー喰堂 吉田商店」の「チキンスープカレー」。まさにレトルトのイメージをくつがえしてくれる、本格風味の逸品でございました。

こちらは通販でも購入できるので、なかなか旅行に行けないおうち時間で食べてみてはいかがでしょう。

・合わせて読みたい→無印良品、人気カレーのランキングに「うっそ!?」「大好き」の声

(文/fumumu編集部・ヨザワ マイ)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ