ジョージ・ルーカス『スター・ウォーズ』で少年時代のアナキン登場に猛反対されていた「シリーズをぶち壊しにする気か!」

映画『スター・ウォーズ』シリーズを手掛けたジョージ・ルーカス監督が、新三部作エピソード1となる『ファントム・メナス』に9歳のアナキン・スカイウォーカーを登場させると伝えた際、配給元の20世紀フォックスから猛反対されたことを明かした。配給元の幹部らは「シリーズをぶっ潰すつもりなのか!」とルーカス監督に厳しい言葉を浴びせたという。

映画史研究家ポール・ダンカン著による『The Star Wars Archives. 1999-2005』が米国で12月に発売されることを記念し、『Polygon』が現地時間10日に内容の一部を紹介した。およそ600ページに及ぶ同署は、アナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーへと変貌する物語を描いた『スター・ウォーズ』新三部作(プリクエル・トリロジー)の詳細を探求したものだ。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』は、『スター・ウォーズ』シリーズのオリジナル三部作の序章で、アナキンの少年時代を描いた作品だ。旧三部作ではルーク・スカイウォーカーを主人公に、フォースをめぐる冒険を壮大なスケールで描く物語だった。新三部作エピソード1では、まだ9歳というあまりにも幼いアナキンにフォーカスを充てようとしたため、この落差が配給元の反感を買ってしまったのである。

1999年の公開時には大ヒットしたものの、当初は評論家やファンの間では評判がいまいちで失敗作とも言われていた。

『Polygon』によると当初、ジョージ・ルーカス監督の新三部作に対する熱意は20世紀フォックスの幹部達にも強く伝わっていたという。しかし少年時代のアナキンを登場させることが分かると、その場の雰囲気が一変した。幹部達が「シリーズを破壊させる気か! 全てをぶっ潰すつもりなのか!」と猛反対、旧三部作の流れが崩れると怒りを露わにしたそうだ。

ルーカス監督はその後、自身の映像制作会社「ルーカスフィルム」のスタッフに「僕は、誰も観たくはない映画を作っているんだよ」と伝えたそうだ。しかし監督は『スター・ウォーズ』のオリジナル三部作から同じようなストーリーを何度も作るよりは、新三部作を作った方がマシだと思ったという。

9歳のアナキンのキャラクターと彼を演じた子役のジェイク・ロイドは、本作を取り巻く大きな批判の焦点となった。ジェイクはマスコミの注目や批判を浴び12歳で俳優業を引退したが、後に母親はジェイクが19歳の頃に統合失調症の症状を見せ始めたことを明かしている。

ジェイクは2015年に母親に暴行を加えたとされるが、「薬を服用していなかった」として告発は免れた。だが数か月後にサウスカロライナ州で無免許による信号無視と無謀運転などで逮捕、その後収監先の刑務所から精神科施設に移送されたことが『TMZ』などで報じられた。

ジェイクの母親は今年2月に声明を発表しており、30歳のジェイクが妄想型統合失調症と診断され、さらに自分の病態に気づかない病態失認の症状があることを明かした。2018年には、当時26歳だった妹のマディソンさんが就寝中に他界するという悲劇にも直面していた。

画像2、3枚目は『Star Wars India 2018年12月26日付Instagram「And yet too old to be trained.」』『Paul Duncan 2020年11月18日付Twitter「The first copies of the first edition of The Star Wars Archives Eps I-III are arriving in the US and will be shipped out soon to those who pre-ordered.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ