菊池桃子&南野陽子ツーショット写真に「80年代に戻りますね」「ドンピシャ世代にはたまらない」の声

 女優の菊池桃子(52)が19日、自身のインスタグラムを更新し、菊池と同じく80年代にアイドルとして活躍した南野陽子(53)とのツーショット写真を投稿した。

 菊池は「南野陽子ちゃんと、先週ロケの合間に。陽子ちゃん、久しぶり!若い頃の仕事仲間といると、心が解けて楽しいものです」と、フェイスシールドをしながらも笑顔で顔を寄せ合う写真を投稿。

 菊池は83年、南野は84年にデビューし、80年代にトップアイドルとして活躍した。現在は2人とも女優として活躍、南野はTBS「半沢直樹」、菊池はNHKの朝ドラ「エール」と話題作に出演している。アイドル時代からのファンは、貴重なツーショットに大喜び。「大好きだったツートップ!!」「私の永遠の憧れの人たち~」「桃子ちゃんも陽子ちゃんも変わらず可愛いい」「『明星』か『平凡』の表紙を見ているようです」「ドンピシャ世代にはたまらない2ショットでは?」「80年代に戻りますね」などの声が寄せられている。

 また、85年にデビューした井森美幸(52)もロケに参加していたようで「先に帰った井森美幸ちゃんと写真を撮りそびれ……また、皆んなで撮ろうね!#ひさしぶり #80s」と加えている。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ