ルイ・ヴィトン「ニュー・クラシックス」に新作2モデルが登場

IGNITE


時代に合わせて柔軟に変化し、新たな考え方でレザーグッズを追求しているルイ・ヴィトン「ニュー・クラシックス」に新作アイテムが登場した。

「ニュー・クラシックス」に新たに加わった、モノグラム・エクリプス キャンバスを使用した2モデルを紹介しよう。

■ルイ・ヴィトンの「ニュー・クラシックス」に新作アイテムが追加

「ニュー・クラシックス」は、メンズ アーティスティック・ディレクター ヴァージル・アブローが、メゾンのアイコンをアップデートすることで、新たな定番スタイルを展開する革新的なレザーグッズ・コレクション。メゾンのエスプリやデザインコードをベースに多様化した現代の男性に向けた新たなデザインを提案している。

●トリオ・バックパック

(W30 x H33 x D18 cm)
356,000円(税抜)

外側に3つのコンパートメントを配し実用性に優れた「トリオ・バックパック」。シンプルなブラックのフラップと同色の金具使いにより洗練された雰囲気を放ち、ボディフレンドリーなデザインと素材で、快適に使うことができる。

●ソフトトランク・ウォレット

(W22.5 x H14 x D5 cm)
255,000円(税抜)

メゾンの伝統的なトランクをウェアラブルに昇華させた「ソフトトランク・ウォレット」。取外し可能なレザーストラップを配した身に着けるウォレットは、快適さを提案したコンパクトなサイズにアレンジ。内側には複数のカードスロットとフラップポケットを備えている。

プライベートはもちろんだが、洗練された雰囲気を持っているのでビジネスシーンでも活躍しそうだ。

(IKKI)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ