ルフトハンザ・グループ、スターアライアンスの生体認証システム導入

Traicy

ルフトハンザ・グループは、スターアライアンスの生体認証プラットフォーム「スターアライアンス・バイオメトリクス(Star Alliance Biometrics)」を導入し、空港手続きの非接触化を目指す。

ルフトハンザ・ドイツ航空とスイス・インターナショナル・エアラインズの一部便で、11月より運用を開始する計画。両社のマイレージプログラム、Miles&More会員がモバイル端末から自身の写真を撮影し、パスポートで本人確認の後、利用航空会社や空港を登録することで利用が可能で、バイオメトリクスを利用した場合、保安検査場や搭乗ゲートを非接触で通過することができる。フランクフルトとミュンヘンの空港が導入に協力した。

日本電気(NEC)の NEC I:Delight(アイディライト)バイオメトリクス、ID管理プラットフォームソフトウェアを用いて開発したもので、認証プロセスはマスクを着用したままでも機能するという。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ