パンサー尾形の家でポルターガイスト現象続発「深夜にラップ音がこだまして…」

アサジョ


 お笑いコンビ・パンサーの尾形貴弘が11月18日放送の「世界の何だコレ!?ミステリーSP」(フジテレビ系)に出演し、一軒家の自宅で起きるという奇妙な現象を明かした。

「秋のUFOスペシャル!遭遇事件&ナゾ映像」と銘打たれたこの日の放送では、途中、尾形の自宅で発生する数々の不思議な現象を調査。尾形によると、まだ幼い長女が誰もいない壁の方向を見ながら「おじさん」と呼びかけて泣き出したり、愛犬も壁を見て吠えるといった出来事が立て続けに起こるのだという。

そこで、番組はオカルト好き俳優・原田龍二を尾形家へ派遣。尾形の妻にも話を聞くと、ある日、愛犬が洗濯機置き場で“何か”に向かって威嚇するように吠えており、気になった尾形が近づくと、ドラム式洗濯機のフタがなぜか勝手に開いたとのこと。

尾形の妻は「それまではちょっと何かの偶然でって感じがしてたから冷静だった。でも、さすがにそれを見た時はヤバいって思いました。鳥肌が立つというか…」と振り返り、ビビった尾形はすぐに後輩を4人ほど自宅に呼んだという。

調査の一環で原田が尾形家に宿泊すると、夜中に不可解なラップ現象や物音がリビングにこだました。さらに、誰もリモコンを操作していないはずが、勝手にエアコンが作動するなどし、尾形は「自分ちでっていうのが嫌ですわ。これからずっと住むのに」とガチの怪奇現象に苦悶の表情を浮かべていた。

「最終的に尾形家のミステリー現象は未解決のまま終わり、視聴者からは『本当に悩んでるなら早く解決してあげてほしい』との声が多く出ています。同番組は今回の尾形家の怪現象に限らず、世界中の真偽不明な映像などを紹介しながら、その詳細については深掘りせず、その名の通り、『なんだコレ!?』とのナレーション一言で終わらせることも多い。今回も、尾形家の悲痛な悩みを取り上げておきながら、なぜか派遣するのは単なる“ミステリー好き”の原田で、『原田じゃなくて霊媒師呼んでやれよ』とのツッコミがありました。他にも、『なんだコレミステリーはこの後、解決させてから報告して下さい。中途半端は尾形さんちも可哀想ですよ』『番組でお祓いしてあげて』『解決しないまま終わってるのが…』『原田龍二じゃなくて、もっと霊が見える人でワンモアお願いします!!』と本格的な除霊や再調査を求める声が出ています」(テレビ誌ライター)

ゴールデンの特番に一部出演できたとはいえ、さすがに自宅での心霊現象特集というのは尾形にとっても複雑な心境なのではないだろうか…?

(木村慎吾)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ