迫田孝也「合言葉は『源範頼、ここにあり!』」『鎌倉殿の13人』へ気合十分


俳優の迫田孝也が、2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に源範頼役で出演することが19日、明らかになった。

俳優の小栗旬が主演、三谷幸喜氏が脚本を手掛ける『鎌倉殿の13人』は、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男、二代執権・北条義時の物語。華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に、権力の座を巡る男たち女たちの駆け引きを描く。

迫田は「兄に偉大な武家将軍『頼朝』をもち、弟に世が憧れる英雄『義経』をもつ…。では範頼とは!? 初めて知ったんですけど、源平の合戦ではなんと大将を任されていたらしく、しかも九州とも御縁があるということで、こんな素晴らしい人物との運命的な出会いをありがとうございますと言いたいです」とコメント。

「とはいえ、まだ“知る人ぞ知る”に留まっているこの源範頼を、この作品を通じて、世の中がその魅力に気付いていただけるよう真摯に! 演じたいと思っています。そしてその暁には、全国で大暴れしたいと思っております。合言葉は『源範頼、ここにあり!』です!」と意気込んでいる。

三谷氏が手掛けた大河ドラマ『真田丸』(2016)にも出演している迫田。「今日までの自分を振り返ってみると、人生の飛躍期には、必ず三谷さん作品と関わっているんです。感謝してもしきれませんが、今回の『鎌倉殿の13人』ではその恩返しができるよう源範頼をしっかりと務めたいです!」と恩返しを誓った。

今月6日に番組公式ツイッターが開設、13日には三谷氏のコメント動画が公開され、16日より5日連続で出演者を発表していくと予告していた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ