ドニー・イェンが東京タワーで決闘! 『燃えよデブゴン』太っても最強の予告解禁

クランクイン!

 俳優のドニー・イェンが主演を務め、映画『るろうに剣心』シリーズでアクション監督を務めた谷垣健治がメガホンをとる映画『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』より、予告とビジュアルが解禁された。

本作は、さまざまな不運に見舞われ太ってしまった香港の凄腕刑事が、ある事件の重要参考人を日本に送り届けるため来日し、東京を舞台に巨大な陰謀に立ち向かう姿を描くアクションコメディ。

主演は映画『イップ・マン』シリーズのほか、『ブレイド2』や『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』など世界的に活躍するドニー・イェン。監督は『るろうに剣心』シリーズでアクション監督を務め、ドニー・イェンを師と仰ぎ、数々のスタントコーディネートを共に務めてきた谷垣健治。共演は、日本でファーロンのサポートをする遠藤警部を竹中直人が演じるほか、『孤狼の血』の丞威、黒澤明監督作『乱』に出演したベテラン俳優の渡辺哲が出演。さらに、お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービーが太った人魚役で映画初出演を果たす。

敏腕熱血刑事フクロン(ドニー・イェン)は、自身の結婚の写真撮影の日に銀行強盗に遭遇。過激な追跡劇の結果、あわや警察長官をひき殺してしまいそうになり、証拠管理の部署に左遷されてしまう。さらに婚約者からは別れを切り出され、暴飲暴食に走るフクロン。そして半年後…フクロンは激太りした“デブゴン”になっていた。

そんなフクロンは、ある事件の重要参考人を日本まで連行する任務につくが、ヤクザの麻薬抗争に巻き込まれ、重要参考人が行方不明になってしまう。しかし、並外れた身体能力と正義に燃える心は失っていないフクロンは、日本の遠藤警部(竹中)と協力し捜査を進めていくが、そこには巨大な陰謀が待ち構えていた。

予告は、ドニー・イェン扮する主人公フクロンが、香港の凄腕刑事として華麗なアクションを繰り広げる場面からスタート。続いて、かつての姿とは激変し太ってしまったフクロンが、ある事件の重要参考人を日本に送り届けるミッションを与えられ来日する。何も知らないデブゴンを現地で待ち受けるのは、遠藤警部(竹中)やヤクザのトップ・島倉(丞威)。フクロンは次第に麻薬抗争が関わる巨大な陰謀に巻き込まれ、歌舞伎町や築地でヤクザを相手に超絶アクションで立ち向かう姿が映し出される。

映像ではさらに、日本で再会した元カノが島倉と関わったことにより人質に取られ、愛する彼女を助けるため決戦の地・東京タワーへと走るフクロンの姿も。地上300メートルのタワー上で繰り広げられる迫力のバトルアクションシーンが垣間見られる予告となっている。

ビジュアルは、戦闘モードで構えるフクロンと、その背後に決戦の地である東京タワーが爆炎の中そびえ立つデザイン。両脇には「太っても、最強。」のコピーが添えられており、主人公のド派手アクションに期待が高まる賑やかなビジュアルとなっている。

映画『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』は2021年1月1日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ