『孤狼の血』続編がクランクアップ 白石和彌監督「デビュー作以上に武者震い」

クランクイン!

 第42回日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を受賞した映画『孤狼の血』の続編『孤狼の血II』(仮)が、11月8日にクランクアップ。併せて、強烈個性の21名が集結したビジュアルが解禁された。

本作は、原作シリーズでは描かれていない完全オリジナルストーリー。舞台は前作から3年後。広島の架空都市・呉原市の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一の“その後”の姿を描く。権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきたたった一人の“悪魔”によって事態は急転していく…。

本作では自らの信念と覚悟をぶつけ合う強烈なキャラクター21人がドラマを紡ぐ。それぞれの身体の一部でキャラクターが表現されたビジュアルは、豪華キャストの出演に、また前作以上に刺激的で心躍る物語に、期待が高まるものとなっている。

白石和彌監督をはじめ、数々の賞を受賞したスタッフが再結集し、前作同様オール広島ロケを敢行した本作。新型コロナウイルスの流行により地方でのロケが難しい状況の中で、スタッフ全員がロケ開始前にPCR検査を受ける、毎日の体温報告を行う、またロケ地などで消毒を行う衛生班を設置するといった制作陣による努力と、地元の人々の協力によってロケが実現。1人の感染者を出すことなく、呉市と広島市を中心に9月29日から35日間にわたって行われた撮影は無事終了した。

撮影を終えたばかりの白石監督は「前作以上によりエンタメ作品として楽しんでもらえるようになっていると思います。すごいものを皆さんに見せられるという確信がありますので、楽しみに完成を待っていただければ」と本作への手ごたえを語る。

原作シリーズの執筆者・柚月裕子も「『孤狼の血』の続編が、原作シリーズでは描かれてないオリジナルストーリーで、しかも全信頼を置いている白石監督のもと誕生すると聞いて、前作の一ファンとして純粋に嬉しかったです」とのコメントを寄せた。

映画『孤狼の血II』(仮)は2021年公開。

<コメント全文>

■監督:白石和彌
本作の撮影ほど、デビュー作以上に武者震いしたことはありませんでした。映画界をはじめ世の中が苦しい状況の中で『孤狼の血』の続編の撮影をさせてもらえるということで、色々なことをぶっ飛ばせるような映画にしなければならないという想い、そして僕たちが映画をつくることで、少しでも呉、広島に恩返しが出来ればという想いがありました。撮影を受け入れてくれたことに本当に感謝していますし、そういった中で無事クランクアップを迎えられて安心しました。今回は原作シリーズに描かれていない日岡の物語となりますが、エンターテインメントとしてどこかぶっ飛んでいて、なおかつめちゃくちゃ面白いものというのを目指しました。アクションしかり、お芝居しかり、前作以上によりエンタメ作品として楽しんでもらえるようになっていると思います。撮影が苦しい時もありましたが、エンタメを目指すということは妥協しないでやりきった自信があります。まだ僕自身撮影を終えたばかりですが、すごいものを皆さんに見せられるという確信がありますので、楽しみに完成を待っていていただければと思います。

■原作:柚月裕子
『孤狼の血』の続編が、原作シリーズでは描かれていないオリジナルストーリーで、しかも全信頼を置いている白石監督のもと誕生すると聞いて、前作の一ファンとして純粋に嬉しかったです。私自身前作を見て胸が震えて、まだまだ日岡であったり、『孤狼の血』という作品の先を見たいと思っていたので、続編の製作が決定した時「またあの衝撃が体験できる!」と興奮しました。前作は非常に熱い映画でありました。きっと今作でも前作以上の熱さとか、何よりも日岡の成長であるとか、日岡を取り巻く人間模様が色濃く描かれていると思うと、今から完成が楽しみです。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ