ハリセンボン、コンビ解散危機を暴露 結成17年で1度だけ大喧嘩して…

しらべぇ




18日放送『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に結成17年の女性コンビ・ハリセンボンの近藤春菜と箕輪はるかが出演。コンビに訪れた解散危機などを明かし、話題を集めている。

◼コンビ解散危機


2004年のデビュー以来、ドラマ出演やCDデビューなどを果たし、バラエティ番組だけに留まらない活躍をみせるハリセンボン。コンビ仲も良好なイメージがある2人だが、1度だけ解散を危惧するほどの大喧嘩に発展したと明かされる。

10年ほど前、ネタ番組の収録時にぶつかりあった2人。春菜は「ネタのことでお互い納得いかないところがあって、楽屋で言い合った」と振り返り、「はるかのほうがワーッってなって、スタッフさんも入れない雰囲気になった」と告白した。

関連記事:『スッキリ』歌い終えたNiziUに春菜が駆け寄り… かけた言葉にファン涙

◼TOKIOメンバーも共感


険悪なムードだったがネタ収録時間が迫ったため、「これでやるしかない」と妥協してネタを披露。2人共ハッキリと謝れなかったが、「どちらからともなく世間話をはじめて普段に戻っていった」と春菜は語る。

TOKIO・長瀬智也は「家族だ」と2人の関係を想像。松岡昌宏は「我々もそうだったけど、家族とも親友とも違う」複雑な関係だと追従した。

◼未来予想図は?


春菜は「相手の家族も背負っている気がする。ビジネスパートナーであり、それよりももっと深い関係のような感じがある」とハリセンボンを分析した。

ピンでの仕事も多いが「未来については話し合っていない」2人。

コロナ禍で価値観や考え方も変わってきたと前置きして「お互いにやりたいこと、好きなことをやれるのがベスト。またコンビとしてやるときに各々が持っているものを出し合ってハリセンボンとして大きくなれればいい」と春菜は力説する。

この春菜の想いをこの場で初めて聞いたはるかは驚きつつ、「私はコンビでロケ行ったりしたいと思っていた。でもいまの話を聞くとそうでもなさそうな…」と寂しげな表情を浮かべた。

◼視聴者も羨む関係


ハリセンボンとしての今後については2人の考えは少しだけ異なっていたようだが、解散などは考えていないと明かされ、ファンは胸を撫で下ろしたことだろう。

視聴者からは「ハリセンボンのお二人みたいな関係性憧れるな~ビジネスパートナーであり親友であり家族でもある。私も仲のいい人とこういう関係になりたい」「お互いの家族も背負ってる…大変やけど素敵な関係やなと思う」とハリセンボンの関係性を羨む声もあった。

・合わせて読みたい→『スッキリ』画面外でのスタッフの要求に水卜アナが驚き 「本当に怖い」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ