ダイアン津田、後輩の霜降り明星・粗品に“キレられた”出来事とは?「どっか行きよってん」

E-TALENTBANK


11月17日深夜放送の、テレビ東京系『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』にダイアン・津田篤宏が出演し、霜降り明星・粗品について話すシーンがあった。

【別の記事】霜降り明星・粗品、現在の貯金額を明かしスタジオ驚き「今の所…」

番組では、ダイアンをゲストに迎え、オードリー・若林正恭らとトークを展開。その中で、“イジっていい芸人の境界線”の話になり、若林が「オードリーは津田さんのことイジっても大丈夫ですか?」と質問すると津田は「全然。同期やし」とコメント。

若林が「ハライチはイジってもいいですか?」と聞くと津田は「全然いい」と発言するも、パンサーはどうかと聞かれると「向井(慧)はいいけどみたいな」「尾形(貴弘)やったらちょっと…」と発言。若林が「粗品くんはどうですか?」と振ると津田は「…っそ」と口籠もり、スタジオには「ダメじゃないですか!」と声が上がった。

それに対し津田は、「めちゃくちゃ後輩やから」とコメントすると、粗品の髪の毛が爆発していた日があったといい「すごいボーンってなっててめっちゃおもろくて『ちょっと写メ撮らしてや』っていうてずっとゲラゲラ笑ったらむこうが『もういいっすか?』ってどっか行きよってん」「先輩に対してお前キレてるやん」「俺絶対こいつのことイジったらあかんねやと思って」と話すとスタジオは笑いに包まれた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ