働き詰めだった祖父、80歳誕生日に憧れの車を贈られ涙止まらず(米)<動画あり>

いつも家族のことを優先しずっと働き詰めだった男性の80歳の誕生日に、家族みんなが協力してサプライズのプレゼントをした。驚きと嬉しさで涙が止まらない男性の姿を捉えた動画はTikTokに投稿されて拡散し、多くの人に感動を届けている。『InspireMore.com』『Happilynews.com』などが伝えた。

米ニュージャージー州モンマス郡ホルムデルのレストランで10月17日、ポール・キスルさん(Paul Kissel)の80歳の誕生日パーティが開かれた。ロックダウンの影響によりポールさんが家族に会うのは今年2月以来のことで、お祝いの席には家族や親しい友人ら約20名が集まった。

久しぶりの大勢での食事とあって話は弾み、楽しいひとときを過ごしたポールさん。しかし家族はこの日、80歳という大きな節目を迎えたポールさんにサプライズのプレゼントを用意していた。

孫のマリナさん(Marina)によってカメラに収められた動画では、ポールさんがレストランから出てくると何かに気付いて足を止めるのが見て取れる。周りからは「ハッピーバースデー」と声を掛けられており、ポールさんは「信じられない」という表情を見せたかと思うと突然、右手で顔を覆って泣き始めた。そばにいた妻にハグしてもらうがポールさんの涙は止まらず、周りにいる家族らもすすり泣きをしているのが分かる。

実はポールさんの視線の先にあったのは、1972年製のクラシックカー「メルセデスベンツ350SL」コンバーチブルで、シルバーの車体に赤いリボンが付けられていた。

マリナさんによると、それはポールさんが若い頃から憧れていた車だそうで「働き詰めで頑張ってきた祖父の80歳の誕生日に、何か特別なことをしてあげたい」と家族が取り寄せたものだという。ただその車は約50年も前に製造されたもので、マリナさんは「まず動く状態の車を探し出すのに時間がかかりました。そしてこの日に間に合うように、家族が数か月をかけて修理を重ね、祖父にサプライズを行ったのです」と明かしている。

ポールさんはその後、息子の一人に鍵を渡されて車に乗り込んでおり、エンジンがかかると周囲から歓声があがった。

マリナさんは「あの日のサプライズは祖父を除いてみんなが知っていました。でも祖父があれほど感激してくれるとは思っていなくて…。あの場は涙、涙となったのです」と当時を振り返り、こう続けた。

「動画をTikTokに投稿すると、次の日には視聴回数が100万回を超えていました。反響の大きさは衝撃的でしたが、こんな形でみんなに祖父のことを知ってもらえて嬉しく思っています。だって祖父は本当に素敵なおじいちゃんなんですから!」

なお動画は投稿から約1か月で視聴回数が490万回を超えており、「おじいちゃんが家族に大切にされているのがよく分かるわ。おめでとう」「なんて素敵なプレゼントなの!」「家族っていいね」「長生きしてね!」といった温かいメッセージが多数寄せられている。

画像は『myfriendscallmerina 2020年10月18日付TikTok「the most selfless man in the world. nobody deserves it more!」』『Happilynews.com 2020年11月2日付「February Is Birthday Gift – But Real Surprise Is His Dream Sports Car」(Marina Vurchio / tt-creative.com)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ