4人の男女の破滅的でエモーショナルなラブストーリー『ソング・トゥ・ソング』予告

クランクイン!

 テレンス・マリック監督の最新作『ソング・トゥ・ソング』より、2組のカップルの恋が始まる瞬間や複雑な恋愛模様を映し出す予告編が解禁された。

本作は、青春を引きずった大人たちが、絶望と孤独にもがきながら人生の輝きを見いだしていく、破滅的でエモーショナルなラブストーリー。巨匠マリック監督とアカデミー賞を3度受賞した名カメラマン、エマニュエル・ルベツキがタッグを組んだ。出演は、ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマンと、主役クラスの豪華な面々が共演。さらに、さまざまなミュージシャンが出演して映画に彩りを与えている。

米国で指折りの音楽の街オースティン。何者かになりたいフリーターのフェイ(ルーニー・マーラ)は、成功した大物プロデューサーのクック(マイケル・ファスベンダー)とひそかに付き合っていた。そんなフェイに売れないソングライターのBV(ライアン・ゴズリング)が思いを寄せる。一方、恋愛をゲームのように楽しむクックは夢を諦めたウエートレスのロンダ(ナタリー・ポートマン)を誘惑。愛と裏切りが交差する中、思いもよらない運命が4人を待ち受けていた…。

デル・シャノンの「悲しき街角」のメロディーと共に始まる予告編では、フェイ(ルーニー)とBV(ライアン)、そして、クック(マイケル)とロンダ(ナタリー)の2組のカップルの恋が始まる瞬間が切り取られている。

そんな恋人たちの幸せな場面から一転、後半ではクックがフェイに「ヤツに話せよ。俺たちの過去を」と告げ、ひそかに付き合っていた2人のシリアスな場面も。さらに、イギー・ポップ、パティ・スミス、リッキ・リーら有名ミュージシャンも登場している。

映画『ソング・トゥ・ソング』は12月25日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ