北海道、コロナ影響で自粛要請 札幌・名寄・函館在住者が思うこととは?

fumumu

札幌 時計台(hiro-k/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
新型コロナウイルスの感染者が急増しはじめている北海道。17日、鈴木直道知事は、札幌市や他地域に対し、往来を避けるなどの要請を決めました。

画像をもっと見る

■往来自粛の要請


11月7日から27日まで、集中対策期間として警戒ステージを3にするなどし注意をよびかけた北海道。17日には対策本部会議が開かれ、さらなる要請が決定しました。

いずれも「感染リスクを回避できない場合」とし、とりわけ感染者が多い札幌には「不要不急の外出を控える」「市外との不要不急の往来を控える」。札幌市を除く道内全体に対しては「札幌市との不要不急の往来を控える」など。飲食店の営業時間の制限や、テレワークの推進なども呼びかけられ、より一層の警戒が求められています。

そこで今回fumumu編集部では、札幌市内外の在住者に話を聞いてみました。

関連記事:札幌だけじゃない! 道民の超オススメ北海道観光スポット3選

■札幌在住者は…


特に強い要請を受けた札幌市。
札幌の場所(werbeantrieb/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

期間が決められているとはいえ、先も不安になる状況下でどのように感じているのでしょうか。

「最善の対策をして普通に過ごすしかないかなって思っています。ただ、やっぱり以前のように、行きたいと思ったところに、何も考えず行くのは、これまで以上に難しくなりました。

もはや慣れているものの、自分の中で本当に今必要なのか、より一層考えねばなりません」(札幌市在住女性)

さらに、少なからず通勤で変化がある様子も。

「私自身は今のところあまり変化はないのですが、車通勤をしている知人は『道路がすごく空いていた』と言っていました」(札幌市在住女性)

■名寄在住者は…


一方、札幌からは遠く離れた名寄市。
名寄の場所(werbeantrieb/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
実際に住む人は、街中の様子を以下のように語りました。

「買い物は普通に人が出ているものの、消毒などは、また”1人1個まで”って貼り紙をし始めたところもあります。みんな知事の発表を受け、買い始めたのかもしれません」(名寄市在住女性)

また、医療従事者である自身の仕事に関しても影響が。

「来年の1月から札幌市内で研修の予定でしたが、リモートになることが決まりました。そもそも、今年は札幌に行く予定もたてなかったですね」(名寄市在住女性)

■函館に短期移住中で…


なお、10月上旬から函館に短期移住中の筆者。
函館の場所(werbeantrieb/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
移住当初は、函館市内の感染者は0人だったものの、札幌の拡大に並行し、17日現在では34人に。

現在の市内の状況は、駅前に行くと見た目だけなら、やや人が減っているようには感じますが、キャリングケースを持った人は変わらず見かけます。また、道南以外の来客を制限しているお店もあるようです。

これまでも、多くの人がマスク・手洗い・ソーシャルディスタンスを徹底していたものの、より一層の警戒が必要となった今回の要請。

GoToトラベルの続行や、”感染リスクを回避できない場合”といった側面からも、自身で考えて動くことが必要となるため、困惑するところ…第一波のときのようなパニックがおこらないよう、落ち着いて対処していきたいものです。

・合わせて読みたい→新型コロナウイルス 外出禁止を無視した人に対する各国の対応は…

(文/fumumu編集部・ヨザワ マイ)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ