グループ魂の5年ぶりアルバムに峯田和伸とのコラボ曲収録、劇団☆新感線『Vamp Bamboo Burn』劇中歌のカバーも

SPICE


破壊(阿部サダヲ)、暴動(宮藤官九郎)、バイト君(村杉蝉之介)、小園(小園竜一)、石鹸(三宅弘城)、遅刻(富澤タク)、港カヲル(皆川猿時)の7名からなるパンクコントバンド、グループ魂(グループタマシイ)が12月23日に発売する5年ぶりのオリジナルフルアルバム『神々のアルバム』に、峯田和伸(銀杏BOYZ)が参加していることが発表された。
峯田和伸
峯田和伸

峯田和伸(銀杏BOYZ)参加楽曲のタイトルは、「モテる努力をしないとモテないゾーン」。グループ魂のライブでも人気の楽曲「モテる努力をしないでモテたい節」(2005年発表のアルバム『TMC』に収録)にインスパイアされた強力ナンバーで、峯田が作曲を、作詞は宮藤官九郎が手掛けた、峯田と破壊のパワフルなツインボーカル楽曲となっている。

本日11月18日、グループ魂Official YouTube Channelにて初公開された「突撃!週刊 皆川スポーツ」では、「モテる努力をしないとモテないゾーン」の一部が視聴できる。

また、同アルバム収録曲「痛風だけど恋愛したい」は、宮藤官九郎が脚本を手掛けた劇団☆新感線の舞台『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』の劇中歌として制作し既に披露されていた楽曲で、今回グループ魂のメンバー全員で歌いカバー。作詞は宮藤、作曲は劇団☆新感線の音楽制作ではお馴染みの岡崎司が手掛けている。

そして今回も14曲プラス5つのコントを収録。コントゲストには、グループ魂のコントではお馴染みの荒川良々に加えて池津祥子、伊勢志摩が参加。また、宮藤官九郎が2019年4月~今年の9月まで月曜パーソナリティを担当していたTBSラジオ『Action』のアシスタントでフリーアナウンサーの幸坂理加も参加している。

初回生産限定盤のDVD には「特典映像 グループ魂独占男の60分」を収録。2018年から2020年のグループ魂オフショットに加え、未公開ライブシーンもたっぷりと60分に凝縮して納められている。


当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ