ジュリアン・ムーア&ミシェル・ウィリアムズ共演『秘密への招待状』公開決定&予告解禁

クランクイン!

 2006年アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『アフター・ウェディング』のハリウッドリメイク作品で、女優のジュリアン・ムーアとミシェル・ウィリアムズが共演する映画『After the Wedding(原題)』が、邦題を『秘密への招待状』とし、2021年2月に日本公開されることが決定。併せて、メインビジュアルと予告編が解禁された。

本作は、ニューヨークで自分の夢をかなえ続ける億万長者のテレサ、インドで子どもたちの夢をかなえる手助けをするイザベルという、住む世界も考え方も全く異なる2人が、生みの親と育ての親という立場になり、愛と葛藤に引き裂かれていく姿を描くヒューマンドラマ。デンマークのスザンネ・ビア監督による『アフター・ウェディング』にほれ込んだオスカー女優のジュリアン・ムーアと、彼女の夫で監督のバート・フレインドリッチが製作した。オリジナル版では男性2人が主人公だったが、ハリウッド版では女性2人に変更された。

ジュリアンが演じるのは、億万長者の会社経営者テレサ。一方、社会の不平等と戦う理想主義者のイザベルを、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』などでアカデミー賞に4度ノミネートされたミシェル・ウィリアムズが演じる。

長きにわたって隠された真実が暴かれ、古傷の痛みに苦しむ4人の親子。だが、ようやくそれも乗り越えて前向きな関係性が生まれたかと思われたその時、新たな秘密が明かされる―。

ポスタービジュアルは、ジュリアン演じるテレサとミシェル演じるイザベルが「繋がりはじめたふたりの人生」というコピーを挟んで対になり、その下に、家族の衝撃的な<真実>と新たな<秘密>が明かされた結婚式の様子が配されている。

予告編は、インドで救護活動に人生を捧げるイザベルと、ニューヨークでメディア会社を経営するテレサという、住む世界も考え方も全く異なる2人が出会うシーンから始まる。イザベルがテレサに自身の孤児院を支援してもらうためニューヨークを訪れるが、「少し時間が欲しい。娘の結婚式に来てくれればもっと話せる」と招待を受け、いぶかしげに参列するイザベル。しかし、そこで出会ったテレサの夫はイザベルが過去に別れた恋人オスカーだった。さらに、目の前の新婦グレイスがオスカーとの間にできたイザベルの娘だと気づく。元恋人、そして娘の存在が明らかになり、結婚式の後につながり始めた2人の人生。そしてテレサの「助けて」という言葉の真意とは…。彼女たちの秘密の奥に隠されたもう一つの真実の行方を期待させる映像となっている。

映画『秘密への招待状』は2021年2月全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ