羽田空港内のクリニック、ハワイのPCR検査指定医療機関に 陰性証明書の提示で隔離免除

Traicy

ハワイ・ワイキキ東邦大学羽田空港第3ターミナルクリニックが、アメリカ・ハワイ州の指定医療機関に登録された。

東邦大学羽田空港第3ターミナルクリニックで実施する唾液PCR検査で陰性だった場合、英語で発行された陰性証明書を提示することにより、ハワイでの14日間の自主隔離が免除される。

検査費用は38,500円(税込)で、ハワイ州指定専用用紙代が別途500円必要。検体採取は午前9時から午後5時30分まで、陰性証明書の発行は午前9時から午後10時まで。午前11時30分から午後1時までは除外される。陰性証明書の発行には、検査終了後最短2時間、最長4時間かかる。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ