波瑠、松下洸平に面と向かってカミングアウトも…『#リモラブ』


女優の波瑠が主演する日本テレビ系ドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(毎週水曜22:00~)の第6話が、きょう18日に放送される。

SNS上で恋をした“檸檬”の正体が青林(松下洸平)だと知りながらも、自分が“草モチ”だということをなかなか言い出せない美々(波瑠)。美々に恋心を抱く五文字(間宮祥太朗)は、青林との何気ない会話から“檸檬”が青林ということを知り、「檸檬が誰かわかったんです。美々先生頑張ってください」と、美々の恋を応援する。

さらに、八木原(高橋優斗)から「傷つくことから逃げていたら恋なんてできません!」と言われた美々は、ついに第6話で、自分が“草モチ”であることを青林に面と向かいカミングアウトする。

しかし、青林はその事実を受け入れず、拒絶。部屋で1人涙する美々だったが、青林のあることをきっかけに、決死の覚悟で青林を食事に誘い、一緒にラーメンを食べに行くことになる。ラーメンを食べながら、2人は“草モチ”と“檸檬”以前のSNSのやりとりを思い出す。

そして、その帰りにまさかの急展開が。八木原&栞のバカップルの「#壁ドン」に感化された、美々はある驚きの行動に出る。恋に不器用な「草モチ=美々」と「檸檬=青林」の“リアルな恋”はどうなるのか…。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ