大好きな彼女とでも嫌!男性が嫌がるデート4つ

愛カツ


恋人同士にとって、デートはお互いを知り、愛をたしかめ合う大切な時間です。

でも、内容によっては、男性がいくら大好きな彼女でもお断りしたいデートもあるのだとか。

もちろん、個人の好みや相性なども関係してきますが、注意が必要なデート先は、チェックしておきたいですよね。

今回は、男性の声をもとに、嫌がるデートプランと注意点を紹介します。

大好きな彼女とでも嫌!男性が嫌がるデート4つ

■ ガチすぎる推しのライブ

注意したいデート先:ライブ、ミュージカル、イベント会場など

「彼女にすすめられたバンドがあり、曲も良かったので一緒にライブに行ったんです。でも、ファンの熱気やグッズ争奪戦の迫力に圧倒されて、さすがに2回目はお断りしたいと思いました」(27歳・男性・司法書士)

好きな人の好きなものなら、自分もその良さを理解してあげたいと思うかもしれません。

でも、あまりにも熱狂的すぎる一面があるなら、同じ趣味をもった友達同士で行くほうが賢明でしょう。

■ 「かわいい~」だけを楽しむ場所

注意したいデート先:コラボカフェ、グッズショップ、動物園、水族館、イベント会場など

「動物園やキャラカフェなどは、彼女が『かわいい~!』を連発するので、あまり気乗りしません。たしかに可愛いとは思うけれど、どう楽しめばいいのかが分かりません」(32歳・男性・看護師)

デートするなら、なにか得るものがないとつまらないと感じる男性もいます。

「可愛い~!」と共感し合えることを楽しいと感じる男性もいますが、デート場所によっては、彼がどんな人なのかを見極めたほうがいい場合もありそうです。

■ 高いテンションで楽しむ場所

男性が苦手なデートスポットは?

注意したいデート先:遊園地、カラオケ、ライブ、アミューズメント施設など

「カラオケや遊園地など、ひたすら高いテンションで騒ぐ場所が苦手です。賑やかなのは嫌いじゃないんですが、彼女が常にハイテンションすぎて、ついていけません」(25歳・男性・大学院生)

これもまた、一緒に楽しめるか・楽しめないかがポイントですね。

落ち着いてじっくり楽しむのが好きな男性だと、ハイテンションで騒ぐ姿には、むしろ引いてしまうかもしれません。

普段から、彼がどんな楽しみ方をしているかを観察しておくのも大切ですね。

■ できないことがメインのデート

注意したいデート先:スポーツ施設、体験型施設、キャンプ場など

「突然ゴルフに誘われたんですが、二人とも全くの初心者で、まともにプレイできませんでした。別の日には楽器を演奏しに行ったのですが、音楽はからっきしダメ。できないことを、どう楽しめばいいかわかりません」(29歳・男性・薬剤師)

経験がないことをするのは刺激的ですが、慣れないことの連続だとせっかくのデートも、手探り状態で終わってしまうことも。

何事も面白がれる人ならばいいですが、不器用だったり真面目な彼だと、しっかり準備や練習をしてからのほうがよさそうですね。

■ 彼の性格や価値観を見極めて

デートのどこに面白さを感じるかは人それぞれ。

自分が楽しくても、彼氏のほうは違うかもしれません。

もちろん、触れることで初めて楽しさを感じることもありますが、彼の感じていることをしっかり聞いてあげることは欠かせませんね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ