麒麟・川島明、“芸能人御用達”な服屋で確認したにも関わらず起こってしまったある出来事とは?「かっこええなと…」

E-TALENTBANK


11月16日深夜、フジテレビ系『魔女に言われたい夜~正直過ぎる品定め~』に麒麟の川島明が出演した。

【別の記事】麒麟・川島明、霊感の強い後輩芸人に指摘された“あること”明かす「100人ぐらい…」

番組では冒頭、川島が「久しぶりにね、服を買いに行ったんですよ」と服屋を訪れた際の出来事について切り出すシーンがあった。

川島は「結構芸能人の人が来はる店なんですよ」と話すと、「かっこええなと思うジャケットがありまして、でも使いやすそうすぎて、絶対誰か持ってるやろな、と。芸能人の方が。被ったら申し訳ないと思って店員さんに『誰か買っていきはりました?』って聞いたんですよ、事故防ぐために。そしたら店員さんが『あー、大丈夫です』みたいな言い方やったん」と、店内での店員とのやり取りなどについて回想。

しかし、購入後すぐにフジテレビ内でそのジャケットを着ている小島よしおを見かけてしまったと話してスタジオを笑わせた。川島は、服屋の店員が“小島よしおは基本的に服を着用していないから大丈夫”と考えたのだろうと予想しつつ、「プライベートは着てるやろ!」とツッコミを入れ、購入したジャケットについては「ちょっと今、クローゼットの中でお休みになられてる」と説明していた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ