『真の仲間』TVアニメ化決定 パーティーを追い出された英雄のスローライフ

クランクイン!

 ざっぽん(原作)、やすも(イラスト)による人気小説『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』が、テレビアニメ化されることが発表された。

本作は、仲間の賢者に戦力外を言い渡されて勇者パーティーから追い出されてしまった英雄・レッドが、押し掛けてきたおてんば姫のリットと共に辺境の地で薬草屋を開業し、第2の人生を始めるスローライフファンタジー。ざっぽん、やすもによる原作⼩説のほか、池野雅弘によるコミカライズも展開されており、シリーズ累計100万部(電子版含む)の人気作品となっている。

テレビアニメ化の発表に合わせてアニメ公式Twitterもオープン。11月30日23時59分まで、ざっぽんとやすもの複製サイン色紙が合計6名に抽選で当たるフォロー&リツイートキャンペーンも実施される。

原作者のざっぽんは「アニメ制作では毎週脚本会議に参加させていただいて、私も微力ながらシナリオのお手伝いをしています。脚本が絵コンテとなった時は嬉しくて何度も何度も読み返しました。素晴らしいスタッフさんに恵まれ、私もアニメの完成が待ち遠しくて仕方がないです」と報告。

やすもは「イラストでは表現できなかった様々な表現や演出が加わることで、アニメの中でギデオンやリット達がどのように動きどのように話すのか、それを見るのが今から非常に楽しみです」としている。

池野は、「ざっぽん先生『真の仲間』アニメ化おめでとうございます!」と喜び、「僕もリットやレッドたちが、画面の中で動くのを見れると思うと、とても楽しみです! アニメに負けないよう、コミックも頑張ります!」とのコメントとともに、お祝いイラストを寄せた。

ざっぽん監修の下、本作のPCゲーム化も始動。どんな生活を過ごすかは全てプレーヤーの自由で、ヒロインたちとの恋愛、薬屋経営、薬の材料集め、バトル、探索、ギルドミッション等、ゲームでまったりスローライフを堪能できる。2021年春、ゲームダウンロードプラットフォーム「STEAM」にてアーリーアクセス版がリリース予定。

また、アニメのプロローグにもなる小説版の外伝『真の仲間Episode.0 今だけ最強の走竜騎士は、いずれ無双の妹勇者を守り抜く』が12月1日に角川スニーカー文庫より刊行されることも決まった。漫画版の第5巻は11月26日に発売される。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ