TVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』、追加キャスト情報


2021年1月からの放送開始が予定されているTVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』より、4人の追加キャラクター・キャスト情報が公開された。

オーフェン(cv. 森久保祥太郎)の義姉・アザリー(cv. 日笠陽子)を追って向かったのは、魔術士と敵対する街キムラック。今回解禁されたのは、その地に潜むキムラック教会の暗殺部隊≪死の教師≫のサルア、クオ、カ―ロッタ、ネイムの4人で、この4人の≪死の教師≫たちは、魔術師の根絶を任務とし、オーフェン達と壮絶な闘いを繰り広げていく。

注目のキャスト陣は、死の教師の反逆者サルアを下妻由幸、最強の暗殺者クオを杉田智和、狡猾な副官カ―ロッタを坂本真綾、そして暗躍する策士ネイムを子安武人が担当する。

◎サルア役:下妻由幸のコメント
サルアという多面体をどう演じたらいいかかなり悩みましたが、森久保さんをはじめ皆さんに助けていただきながら収録させていただきました。
キムラック編、ハードな展開で個人的に大好物です!
ぜひご覧くださいませ!

◎クオ役:杉田智和のコメント
出演が決まった時、謎の高揚感と恐怖に苛まれました。
それは役を背負うという圧なのか、楽しむ側から作り出す側になったというサインなのか。
そして、クオとして一言喋った時、それが何なのか確信しました。全て芝居に込めます。楽しんでください。

◎カーロッタ役:坂本真綾のコメント
見た目は気品のある佇まいのカーロッタですが、内面でどんなことを考えている人物なのか、表情からは伺い知れないところが魅力です。私もオンエアを見るのがとても楽しみです。ぜひ一緒に楽しみましょう!

◎ネイム役:子安武人のコメント
素晴らしき名作「魔術士オーフェン」に再び参加できた事に感謝しています。
彼の魂の声が誰かに届くことを切に願っています。
ネイムに救いを…

さらに、主人公・オーフェンを演じる森久保祥太郎の新曲「LIGHT of JUSTICE」がオープニング主題歌に決定しているので、あわせてチェックしておきたい。

TVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』は、2021年1月20日(水)よりTOKYO MXほかにて放送開始予定。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)秋田禎信・草河遊也・TO ブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ