SCRAPが贈る「Inside Theater」第2弾作品テーマソングに突然少年

Billboard JAPAN



「Inside Theater」の第2弾作品『僕等のラストフェスティバル』のテーマソングに、突然少年の「アンラッキーヤングメン」が起用された。

「Inside Theater」は、ビデオ通話サービス「Zoom」を利用した観客参加型のオンライン演劇。イギリスやアメリカで流行中の新しい演劇スタイル「イマーシブシアター」のオンライン版としてSCRAPが7月から新たに始めた。

新作『僕等のラストフェスティバル』の舞台は、とある高校のオンライン文化祭。藤村女子中学・高等学校の会場協力により、実際の学校から18公演すべての生配信を実現。出演者には馬越零生、遠藤洸次郎、小川晶弘、小野川晶、栗山明子、木村魁希、田口新奈、西山康平、ふくしまういが名を連ねる。

「アンラッキーヤングメン」は2ndアルバム『心の中の怪獣たちよ』の収録曲。セントチヒロ・チッチ(BiSH)がMVの監督を務めた。

https://scrapmagazine.com/lastfestival

(C)SCRAP

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ