三代目JSB岩田剛典が疾走!新田真剣佑が絶叫! 感情がぶつかりあう映画『名も無き世界のエンドロール』本予告映像を公開

SPICE


2021年1月29日(金)公開の映画『名も無き世界のエンドロール』から本予告編が解禁された。

『名も無き世界のエンドロール』は、2012年に小説すばる新人賞を受賞した、行成薫の同名小説(集英社文庫刊)を映画化したもの。幼馴染みのキダとマコト、二人の男が10年もの歳月をかけ、表と裏それぞれの社会でのしあがり、日本中を巻き込むある壮大な計画を実現させようとする姿を描くサスペンス作品だ。

主演の岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が裏社会でのしあがろうとする優しい性格の男・キダを演じるほか、キダの力を借りながら会社経営者となるマコト役で新田真剣佑が出演。二人は、本作で初共演を果たしている。また、物語のカギを握る2人のヒロイン役を山田杏奈と中村アンが演じ、石丸謙二郎、大友康平、柄本明らがキャストに名を連ねている。メガホンをとるのは、『ストロベリーナイト』、『累‐かさね‐』などの佐藤祐市監督。


解禁された予告編は、キダ(岩田剛典)、マコト(新田真剣佑)、ヨッチ(山田杏奈)ら幼馴染が海辺の街で青春時代を謳歌する映像からスタート。3人がが支え合いながら生きていく様子から一転して、裏社会で交渉人となったキダと表社会でのしあがったマコトの姿が映し出されていく。二人がある“目的”のためにまい進する姿だけでなく、「何でなんだよ!」「気になってしょーがねーんだよ!!」と絶叫まじりに怒鳴り合ったり、キダが疾走するなど、感情を爆発させる場面も収められている。また、映像では、シンガーソングライター・須田景凪が書き下ろした主題歌「ゆるる」の音源も解禁されている。

主演・岩田のコメントは以下のとおり。

岩田剛典


――岩田さんが本作を観終わったときに感じた率直な感想は?

一言では言い表せないような、切なさと、幼なじみ同士の強い友情に感動しました。とにかく面白かったので、ストーリーが分かった上で見ても細かい演出が鮮やかで見事だったので、何度観に行っていただいても見応えのある、素晴らしい作品ができたと思います。

――ラスト20分の怒涛の展開が見所の本作ですがあのシーンを演じられていて意識したことは?

この作品はラスト20分の真実、というのがひとつのキーワードになっている作品でもあるので、そのラストシーンを楽しんでいただくために、それまでのシーンが全て積み重なっている、そういうストーリー展開になっています。

ラストシーンは自分自身でも思い出深くて、撮影前の緊張感や、自分だけでなく、皆でいいシーンに仕上げようという現場の緊張感が、ストーリーの緊張感ともマッチした撮影になったので、ぜひ劇場で体感してほしいと思います。

――主題歌「ゆるる」を聴いた時の感想を教えてください。

こんなにも、映画の世界観を表現していただけるなんて、思ってもいなかったです。キダの気持ちを代弁してくれている歌詞でもあるので、エンドロールで流れるとき、映画の余韻を曲と一緒に楽しんでもらえると思います。

――映画を観る観客の方に、「ゆるる」を聴きながらどのような気持ちになってほしいと思いますか?

この作品は観る人によって色々な感じ方があるのかなと思っているのですが、見終わった直後は、なかなか気持ちが消化できないと思いますが、エンドロールで流れる主題歌を聞いて、冒頭からのシーンを全部思い返して、色々と自分の中で整理した後に、劇場を出て、友達とご飯を食べたりお茶を飲んだりしながら、「名も無き」のアフタートークで盛り上がってもらいたいと思います。何度でも劇場で見てほしいです。

『名も無き世界のエンドロール』は2021年 1月29日(金)全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ