結婚で変わってしまった夫。「夫婦なんだから」と魔の言葉で妻をしばるように

女子SPA!

 何年つきあっても「相手のすべてがわかる」ことはあり得ない。同時に人は気持ちも考え方も移ろう生きもの。この先、相手も自分もどう変わるかは予想しようがないのかもしれない。

夫の変化を事前に察知できなかったために、現在、一つの選択肢として離婚も考えている女性に話を聞いた。

◆3年つきあって納得の上、結婚したのに

「彼とは3年つきあい、最後の半年は一緒に住み、これならやっていけると判断した上で32歳のときに結婚したんです」

アキエさん(36歳)はそう言う。相手は2歳年上、友だち主催の飲み会で知り合った。デートを重ねるうちにお互いに好きになっていったのだが、3年の間には危機もあった。

「彼の会社が倒産したのがいちばんの危機でしたね。『倒産するような会社に新卒で入ってしまったダメな僕』という感覚が彼に強くて、やたらと自分を卑下していました。どんなに励ましても、あなたのせいじゃないと言っても通用しなくて。あのときは私もつらくなって、恋人を励ますことさえできない自分に落ち込んだりもしました」

その話を彼にしてみた。彼を励ませない自分をダメだと思ってしまう、と。彼は「アキちゃんのせいじゃない」と言った。「だから会社が倒産したのも、あなたのせいじゃない」とアキエさんは言い返した。

「それでようやく彼は少しずつ立ち上がっていきました。この人にはちゃんと話せば伝わるんだとも思いましたね。あれが危機でもあったけど、ふたりの関係が強まったできごとかもしれません」

そうやってふたりはお互いを理解しあい、これなら結婚してからもうまくやっていけると納得したうえ結婚したのだ。

「ところが結婚してから、彼はほんの少しずつ変わっていきました。何かというと、『結婚したんだから』『夫婦なんだからさ』という言葉を連発するようになったんです」

◆「結婚したんだから、きみがオレの実家へ行くのは当然だろ」

たとえば彼女が仕事で忙しく、彼の実家に一緒に行けないことがあった。すると彼は「結婚したんだから、きみがオレの実家へ行くのは当然だろ」と言うわけだ。

「私の状況をわかってくれないので、あれ、と不思議な感じがしました。今は忙しくて無理だと言っても『夫婦なのに』と言われてしまう。

結婚したんだから、夫婦なんだから。そういう言葉にあなたが頼るとは思わなかったとイヤミを言ってみたら、『夫婦はお互いに忍耐して相手に寄り添う努力をしなくちゃいけないんじゃないの』って。正論ですけどね……」

正論を言っても始まらないのが日常生活でもある。

◆「夫婦なんだから」という魔の言葉で…

それ以来、彼は「結婚したんだから」「夫婦なんだから」という2つの魔法の言葉を使って、アキエさんの行動を抑制するようになった。

「夫婦なんだから一緒に行動しようと押しつけがましくなる一方、それが僕の愛情だからとまじめな顔をして言うんですよ。彼が夫婦としての関係をきちんと構築していきたいと考えているのはよくわかるんだけど、それはルールで縛るものではなく、長い時間をかけてできあがっていくものではないかと私は思うんです」

アキエさんは外資系の会社に勤めている。あるとき家族同伴のパーティがあった。夫も同伴したのだが、彼女が他の同僚と話していると、夫はすぐそばにやってきて「あの男と親しいのか」と疑わしい目を向けた。その瞬間、彼女は背筋が寒くなったという。

「嫉妬や脅しで人を縛るのは、私がもっとも嫌がるやり方。そんなこともわかってくれていなかったのかと愕然(がくぜん)としたのを覚えています」

◆結婚に対するベースの考え方が違う

独身時代だったら、言えば話し合ってわかってもらえる部分が大きかった。だが、結婚してからの彼は「結婚した事実」を錦の御旗(にしきのみはた)のように掲げて、話し合いから逃げてしまう。

「こんな人だったのかなあと、結婚半年くらいからずっと思っていましたね。結婚への責任感が強いのかもしれないけど、結婚って男性だけが責任を背負っていくものではない。ふたりで協力したり、ひとりでいるときより気持ちがラクになれたりするほうが重要なのではないか。

彼にはそう言いましたが、それもあんまりピンとこなかったみたい。だって結婚したんだから、って。そもそも結婚というものに対するベースの考え方が違うんでしょうね。結婚して4年もたってから言うのも情けないけど」

◆来春までには結論を出したい

彼とうまくやっていけるかどうかわからないこともあり、彼女は夫に黙ってピルを飲んでいる。夫は早く子どもがほしいと思っているようだが、彼女は自分の気持ちが固まるまではピルを飲み続けるつもりだという。

「そうやって先延ばししているうちにタイムリミットが来てしまう可能性もありますから、来春までには結論を出したいと思っています。

このままピルを飲み続けるか、子どもをもうける方向へいくか、あるいは離婚か。決して彼のことが嫌いになったわけではないので決断しづらいんですけどね」

◆結婚観は、する前にすり合わせたほうがいい

決定的なことが起こらないと離婚には踏み切りづらい。かといって安易に子どもをもうけていいのかという思いもある。彼の抑圧が強くなるようなら離婚の決断もしやすいのだけれどと彼女は大きなため息をついた。

結婚後に相手がどう変化していくのか、その兆しを婚前に見抜くのはむずかしい。ただ、結婚後の青写真を一応、すりあわせておくくらいのことはしておいたほうがいいのかもしれない。

それ自体が目的ではなく、その過程で出てくる彼の「あれ、と思う言葉」から、結婚後の彼の変化を予測できる可能性はありそうだから。

―シリーズ「結婚の失敗学~結婚観・家族観すり合わせの失敗」―

<文/亀山早苗>

【亀山早苗】

フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ